« メガネを新調 | トップページ | テレビ電話は怖いよ »

2004.12.24

柚子でチーズケーキ

クリスマスのデザートに何を用意しようかと考えていたが、ホワイトクリスマスのイメージで、白い清楚な感じのお皿に仕立てたかったので、結局レアチーズケーキを固めた。 作っている途中でふと柚子が目に止まり、レモン汁の代わりに柚子の絞り汁を使ってみた。 土台になるチョコレートケーキのクラムにも、柚子の皮のみじん切りを混ぜ込んで、すっきりと軽い苦味をプラス。 いつもとは違う「大人の味」のレアチーズケーキを目指した。

柚子は使い方を間違えると野暮ったい味になるので、バランスが難しい。 特に甘い味と合わせて使う時には、要注意のように感じている。 ほんのりと飲み込んでからふわっと香るくらいで留めておくのが、洋菓子では無難だ。 ある一線を越えた途端に、とても安っぽい、香りだけ後付けしたようなケーキに変わってしまう。

最近では韓国の柚子茶(柚子を細かく切ったものが蜜漬けになっていて、お湯で溶いていただく。)も、そう難しくなく手に入るようになった。 あれをホットココアに入れると美味しい! ココアを作る時に普段の半分くらいの甘さに調整しておき、仕上げに柚子茶を溶かす。 やっぱりチョコレートと柑橘類は相性が良いみたいだ。

さて、柚子のレアチーズケーキはお客様に好評だったようで、ホッ! 思いつきで作ると、出来上がって味見する時にドキドキする。 どこかの過程で迷いが生じる時は、大抵成功せず、何も迷わずにささっと作れてしまった時は、大抵上手くいくのも不思議だ。 素材に呼ばれるって、こういうことを指すのかも知れない。

|

« メガネを新調 | トップページ | テレビ電話は怖いよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柚子でチーズケーキ:

» 蜜茶とは [しのわずり]
蜜茶というのは簡単に言えばジャムをお湯で溶かしたものなのだと、浮いている桜花を [続きを読む]

受信: 2005.03.07 00:44

« メガネを新調 | トップページ | テレビ電話は怖いよ »