« 「らしい」かも | トップページ | 再利用 »

2005.01.05

正月明けの冬眠

眠り、眠り、また眠って、食べて、また眠りに落ち・・そんな感じで時間が過ぎていった。 更新もせずに、ごめんなさい。 いただいた年賀状に「楽しみに読んでいます」と、書いてくださった方々も居られたのに、すっかり年始から裏切ってしまいましたかね。^^; そろそろ目覚めてきたので、少しずつ普段のペースに戻ってくるんじゃないかと思っている次第で。

トップシーズンの直後はどうしてもこんな風に、ガックリと眠り続けることが多い。 お客様が集中するということは、当方にとっては仕事が集中するということであり、やはりどうしても一時的な「働き過ぎ状態」であることは否めない。 しかし、閑散期になればお客様もカックンと減るので、その間の分まで収入を得ておかなければならず、働ける時に働いておかないといけない。 コンスタントに通年を通して、平均して、お客様が分散してくださったら良いのだけれど、ただでさえ休暇が取れない忙しい社会の中で、旅行に出かけられる時期が限られるのは仕方の無いことで、その方々を相手に商売をしているこちらとしても、その影響をもろに受けるのは当然の事である。

とにかく集中して働き、その後で集中して眠ったり休んだりする。 その繰り返し。 結構激しい差が存在する。 開業直後の数年は、このギャップを体が体得することが出来ずに辛かったが、年齢も若かったので、勢いで乗り越えることが出来た。 現在は加齢によって体力が落ちていることは認めざるを得ないが、学習効果が高まったので、忙しい時期に備えて個人的な準備をしたりして工夫できる。 プラス・マイナスでゼロくらいだろうか。

ハードワークで落ちた体重も、ゴディバのチョコレートやハーゲンダッツのアイスクリーム、それに珍しい輸入ビールの数々に、お餅など、その上にこれでもかの睡眠で、すぐに回復!! 回復以上に増えすぎないようにコントロールしなくては。

|

« 「らしい」かも | トップページ | 再利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月明けの冬眠:

« 「らしい」かも | トップページ | 再利用 »