« コンポスト処理 | トップページ | 造形としての足 »

2005.02.15

バレンタインデーの後始末

バレンタインデー直後の、まさにこのタイミングを狙って、毎年大き目のショッピングセンターに足を伸ばすようにしている。 お目当ては製菓材料の値引き。 せこい話ではあるものの、結構バカにできないほどに安い。

バレンタインデーにプレゼントするための、チョコレートやチョコ味のケーキ等を手作りする人を狙って、どこのお店でも製菓材料を特設コーナーに仕立てて並べ立てる。 それが役目を終えて、売れ残りが一斉に放出される。 30~50%も割り引かれることが普通だ。 普段は製菓素材もプロ用のルートから仕入れているのだが、なにせプロ用は購入単位が大きく、何を仕入れるにも大袋で買わなければならないことが多い。 しかし、自宅でたまに趣味でお菓子を作る人のための素材は、小袋で丁寧に包装してあるし、痒いところに手が届くような可愛い素材もあるのでありがたい。 アザランと呼ばれる金や銀の小さな砂糖粒や、ミモザやスミレの砂糖漬けなんて、ちょっぴりあれば足りてしまうのだから、一般用に売られている小袋で十分だ。

安売りのワゴンを見ながら賞味期限をチェックして、使えそうなものを探す。 今日はチョコレートチップや上新粉なども仕入れてきた。 (なぜそこに上新粉が混じっていたのか、不思議だ。 バレンタインデーに和菓子でも作れということだったのだろうか? チョコレート団子?? そんなの貰っちゃったら、相手は引きそうだと思うが。) こんなに安く並べるなら、スーパーはそんなに仕入れなければ良いものを・・と、余計なお世話で心配になる。 

つい先日まできれいな包装紙に包まれたチョコレートが並べられていたと思しきスペースには、もう、ひな祭りのお菓子や白酒が並べられていた。 こんな風にして、季節は移り変わってゆのだな、と、しみじみした気分で眺めていた。

|

« コンポスト処理 | トップページ | 造形としての足 »

コメント

我が家の今年のバレンタインは甘栗でした。

投稿: かおる | 2005.02.25 22:22

かおるさん、こんばんは。
レスが遅くなってしまい、ごめんなさいね。
・・甘栗?! 渋いですね。
パートナーさんの好物なのでしょうか?
甘栗って美味しいですよね、私も大好きです。 今でも紙の袋みたいなものに入って売られているところも、なぜか哀愁を感じます。 がさごそと紙袋に手を突っ込んで、ぱちっと皮をむいて食べていると、止まらなくなっちゃう!
剥いてある甘栗も売られていますが、やっぱり、一つ一つ皮を剥くところが「味」なんじゃないかと思います・・。

投稿: リーボー | 2005.02.26 23:24

そう、皮を剥くところがいいんですよね。
昔もストーブかけたやかんが白い蒸気をあげる部屋で、こたつにぐるりと家族一同が集まって(甘栗って高級品でめったに食べられませんから)、
「うまく剥けない!」「焦げてた!」とか言いながら栗と格闘しながら食べてましたね。
たかが木の実に夢中になってる光景はサル山の猿みたい!
それで、上手に剥ける大人をそんなとこで感心したり、尊敬したりしましたよね~。
我が家でも、今では栗割り君という爪の形をしたプラスッチクの道具を使いながらも(便利!爪が痛くならない)、
「この、平たい横の部分に横に切れ目を入れて…。」なんて偉そうに子どもに伝授してます。(^^)
「猿はこうやって教える事はしないんだって、君たち人間でよかったね。」なんていいながら…。

投稿: かおる | 2005.03.04 10:01

ははは(笑)、似たような光景がどこの家でも展開されていたんだな、と、読みながら笑ってしまいました。 私、爪を噛む癖があったので、いつも上手に剥けなくて、悪戦苦闘していた記憶が強いです。 どちらかと言えば、猿式の食べ方でしたね。

「栗割り君」? 知りませんでした。 思わずイメージ検索かけちゃいましたよ。 写真を見て納得! こんな商品を考えついた人は、爪を噛む人かも知れません。  

投稿: リーボー | 2005.03.04 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデーの後始末:

« コンポスト処理 | トップページ | 造形としての足 »