« 飲まなくちゃ、やっていられない夜もあるさ。 | トップページ | アボカドを抱卵? »

2005.02.20

チューリップの体温

寒い一日になった。 春の気配を感じて油断していたところに、この寒さは堪える。 起きたらもう10センチ近い積雪で、一面真っ白の世界が展開されていた。 屋根の上に雪が乗っているせいもあって、暖房効率が悪いのか、レンジやオーブンを使っていても、厨房内で息が白くなるほどに底冷えしていた。

お米を研ぎながら水の冷たさにゾクッと寒気を覚えていたところに、お客様の到着。 ウェルカムドリンクと温めたおしぼりを運んでいった『ますたあ』が、花束を抱えて厨房に戻ってきた。 何かと思ったらお客様からのお土産・・きれいな「お日さま色」をしたスリムなチューリップが3本、優しげにセロファンに包まれていた。 花束を受け取ると、ほんのりと温かい。 多分乗っていらした車の中の暖房の空気が、花束の内部に残っていたのだと思う。 そんなことぐらい当然判っているのだが、私にはそのぬくもりが、チューリップの命の体温のように思えてならなかった。

スリムでしなやかな茎を活かすようにして、曲線を楽しむような花活けに挿す。 すっと伸びた茎のラインが冷えた空気の中で、凛として見える。 やっと解けかけたような優しい黄色のチューリップに、仕事の手を止めて暫しウットリとした夕方だった。

|

« 飲まなくちゃ、やっていられない夜もあるさ。 | トップページ | アボカドを抱卵? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューリップの体温:

« 飲まなくちゃ、やっていられない夜もあるさ。 | トップページ | アボカドを抱卵? »