« グルーミングの日曜日 | トップページ | 「窯変 源氏物語」 その2 »

2005.02.08

ホットミルク

どんよりと曇った一日。
お客様の「春のメニュー」を考える。
不思議なものでメニュー構成を考える時、いつも頭の中は「字や文章」ではなくて「絵や画像」だ。
やっぱり右脳優位の奴なのか?

久し振りにホットミルクを飲んだ。
ちょっぴり砂糖を入れた。 その甘さを頼って肩の力を抜いた。
懐かしい友人から届いた手紙。
見慣れた優しい文字を眺めながら、全ての物事に対して全力投球しなければ気が済まなかった若い日々のことを思い出す。
あの頃は自分に厳しさを要求してくる冬という季節が、一番好きだった。
大人になるのも悪いもんじゃないな、なんて思えるようになったのは、ごく最近のことだ。
生きることは今でも変わらずに「大変なこと」だが、良くも悪くも少し力配分を考えるようになった。

明朝は早起きしなくてはならない用事がある。
夜半から「何か」が降り始めるらしい。
白く雪が積もっていたら、それを言い訳にしてエスケープしてしまおう。

|

« グルーミングの日曜日 | トップページ | 「窯変 源氏物語」 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットミルク:

« グルーミングの日曜日 | トップページ | 「窯変 源氏物語」 その2 »