« ミズナ | トップページ | イースターの思い出 »

2005.03.16

飲んだらこう言っちゃうよ

某ソフトドリンクのテレビコマーシャルで、キャラクターがジュースを作ろうとしてミキサーに果物を一杯詰め込んだ挙句、なかなか撹拌されず、やっと回ったと思ったら水分の少ないボテボテのピューレが出来てしまい、グラスに注げないばかりか、ボテッと一気にでてきてグラスから溢れてしまってがっくり・・というアニメーションが流れている。

これは凄く共感できて、いつも目にする度に苦笑いしている。 様々な素材でポタージュスープを作るが、よく似たような経験をするからだ。 ポタージュスープの基本は、材料をバターで炒めてからチキンブイヨンで煮込み、ミキサーで粉砕する。 これを裏ごししてから牛乳やブイヨン、クリームでのばして適当な濃度に整える。 つまり、ミキサーを使う段階では、結構濃くてボテボテとした状態。 その上に繊維質が粉砕されるのでますます濃いピューレになっている。 で、水分量の調節に失敗すると、まさにテレビコマーシャルの状態になるのだ。 スイートコーンやカボチャなど登場頻度の高い素材については、経験が積まれているので大体の感じが体得されている。 しかし、出回る季節の短い素材や、目新しい素材などでは感覚が掴めずに、ミキサーの傍でブイヨンのカップを片手にスタンバイしていたりする・・そう、ミキサーが回らなくなったら、その場でブイヨンを注ぎ足しするために。

ミキサーで粉砕した際に、どのくらいボテボテのピューレになるかは、素材によって大きな差がある。 豆類は大量の水分を必要とするし、逆に芋類は繊維が多そうに見えて、以外にも少ない水分でも回せる。 カブや大根、人参に至っては、煮込んだ素材だけあれば余分な水分をほとんど必要としない。 見た目によらず予想に反することも多いので、わからないものだな、と思う。 素材に対してブイヨンが多いほど素材の味は薄くなるので、ミキサーが回る限りはできるだけ水分の量を少なく収めておきたいのだが、そこの微妙な加減がなかなか難しい。

コマーシャルでキャラクターが作っているのは、フルーツオレのようだ。 あの甘いような酸っぱいような「おこちゃま味」は、私も大好きなので、そのうち一度飲んでみたいと思っている。 キャラクターも私も、ミキサーにもてあそばれているような気がしなくも無いのだが、まあ、出来上がったものが美味ければ、結果オーライということで善しとしよう。

|

« ミズナ | トップページ | イースターの思い出 »

コメント

フルーツオレって、つまり、フルーツ牛乳って事ね?
幼い頃、よく牛乳スタンドで注文したなぁ…。(コーヒー牛乳も好きだったけど)

投稿: かおる | 2005.03.18 19:22

かおるさん、こんにちは。
そうです、フルーツ牛乳のことです。
子供の頃からある、懐かしい味。
好きなんですよね・・。
酔っ払うと飲みたくなります。
何でかよくわかりませんが。^^;

投稿: リーボー | 2005.03.18 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲んだらこう言っちゃうよ:

« ミズナ | トップページ | イースターの思い出 »