« 根拠 | トップページ | よちよち »

2005.04.27

希望的観測

知らぬ間に庭で八重桜が濃いピンクの花をたくさん開いていた。 他の桜があっさりとしているのに対して、八重桜はボテボテと見るからに重たそうな感じがして、どっしりと物事に動じないようなイメージがある。 メモリア周辺の雑木林も木々が一斉に新芽を吹いて、全体が柔らかな緑色に包まれている。 今日などは外で過ごしていたら日焼けしそうな感じだ。 安静を強いられている間にどんどん時間が動いて、なんだかすごく損をした気分になってしまう。 4月の内に済ませておきたかった仕事や、計画していたいくつかの事柄が、まったく手付かずで今後にしわ寄せされているかと思うと、正直憂鬱だ。

怪我をしてもうすぐ三週間・・そろそろ二足歩行に戻れるのではないかとの希望的観測を持っている。 自分で思うように身体が動かせないのは、やはりストレスが強い。 それに、自分が原因で周囲の人々にストレスフルな日常を強いているのかと思うと、それもまたストレスだったりする。 ある程度割り切ってはいるものの、やはり、そんなことを考えてしまうのも私の性格なので、こちらは治せないみたいだ。

松葉杖がはずれたら、ゆっくりお風呂に入ってビールを飲もう。 性格は治せなくても、そんな風にして自分をリセットしよう、と、思っている。 明日は受診の日。 こちらの目論見どおりに事が進めば良いが・・。 庭の八重桜のどっしりとした安定感が、ちょっとうらやましかった。

|

« 根拠 | トップページ | よちよち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望的観測:

« 根拠 | トップページ | よちよち »