« 無駄を抱えて | トップページ | 静かって言えば、そうですけど。 »

2005.05.03

新ジャガと新タマネギ

ずっと食材の仕入れを『ますたあ』に依頼していたのだが、連休前の買出しでは自分もお店へ足を運んだ。 どうしても食材の顔を見てからでないとメニューの組み立てができないし、料理のイメージも湧かないものだ。 当然のことながら、食材のラインナップも春から初夏へ移行している。 松葉杖をついていた間にすっかり季節にオイテケ堀を食らったような気がして、少々焦った。

ふと見ると通常の皮が茶色のタマネギのとなりに、白く瑞々しい新タマネギが。 あのシャキシャキした歯ごたえと、香りの割には辛くなく甘味が残る味が脳裏をよぎる。 「今夜の賄いにはオニオンスライスだな」と、勝手に決め込んで即決で購入決定。 タマネギの隣りには親指と人差し指で円を作ったくらいの大きさの、コロコロと可愛い新ジャガが、大きな袋に詰め込まれて並んでいる。 薄い皮の向こうにある土の味は、この時期ならではの贅沢だ。 揚げてよし、煮てもまたよし。 たくさん買ってきてもいつの間にか無くなってしまう。

目新しい食材は、なんとなく嬉しい。 買うのも、料理するのも、食べるのも嬉しいのは不思議だ。 季節が四つもある国に生まれた幸せを思う。

ありとあらゆる食材を車に運び込む『ますたあ』にお礼を言いながら、何をどうやって料理しようか、頭の中で思い巡らせていた。 ・・早く歩けるようにならなくちゃな。 早く季節に追いつかなくちゃな。 

|

« 無駄を抱えて | トップページ | 静かって言えば、そうですけど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新ジャガと新タマネギ:

« 無駄を抱えて | トップページ | 静かって言えば、そうですけど。 »