« 8の字巻き | トップページ | 正しい野菜 »

2005.05.16

セミの初鳴きに強がりを少し

ジジ・・ジ・ジ・・と遠慮がちに、グラウンドの向こうの雑木林からセミの初鳴きが聞こえてきた。 しばらく気温の低い日が続いた後、今日はやっとすっきりと晴れて湿度も下がっている。 まだ大きな段差が越えられない私に代わって、『ますたあ』が布団干しをやってくれた。 物干し竿の上に広げられて布団が眩しく見えるのに誘われて、私もヒョコヒョコと玄関先まで出てみる。 陽射しの強さに目を細めながら、草の匂いを吸い込んだ。 どんどん背丈を伸ばして小さなピンク色の花を開いた道端のヒメジオンが、やけに健気な感じを漂わせていて、なんとなく立ち止まる。

少し周辺をお散歩してみようかとも思うが、相変わらず杖をつきながら危なげに歩いている様子を見られてしまうのも如何なものか、なんて考えてしまい、庭先だけちょっと歩いてすぐに引っ込んでしまった。 考え過ぎなのだろうとは思うけれど、この辺りの方々はこのブログを読んだりはしていないだろうから、出くわしたときに説明するのも何だか面倒だし、怪我してますよ~って自ら言いふらすようで気になるので、まだ篭っている。 田舎の生活は噂が早いし、他人の日常に首を突っ込みたがる人も多いので、こんな時はちょっと面倒。 無名の誰かさんとして雑踏に埋没できる街の気楽さが、妙に懐かしく思い出されたりもして。

まっ、図らずも、この時期の強い紫外線を避ける生活を送れて、ラッキーだとでもいうことにしておきましょ! 

|

« 8の字巻き | トップページ | 正しい野菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セミの初鳴きに強がりを少し:

« 8の字巻き | トップページ | 正しい野菜 »