« なんでもないことに感謝する | トップページ | 知り合い その1 »

2005.06.12

気にする

おとといに仕込んだ「梅シロップ」、出来上がるまでには3週間近く要する予定だ。 砂糖に触れている梅の実から徐々に脱水が起きて、ビンの底に果汁が溜まり始めている。 当然ながらジワジワと染み出ている訳で、見ている傍から水面が上がってくることはない。 でも、朝起きてビンを覗くと「おっ、よしよし!」と思うくらいに量が増えている。 厨房に行く度に、なんとなくビンを覗き込んだり揺すってみたり・・。 ついつい気になってしまうのだ。

これは、子供の頃に擦り剥いて膝小僧にできたかさぶたを気にして、治りきる前に剥がしてしまっていた感覚に近いか。 大人になってコントロール出来るようになり、実際にいじることはなくなったけれど、心のどこかで気になって仕方ないのだと思う。 「変わっていないものだな」と、自分で笑ってしまう。

しばらく見えない所に隠しておいた方が良いかな・・。

|

« なんでもないことに感謝する | トップページ | 知り合い その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気にする:

« なんでもないことに感謝する | トップページ | 知り合い その1 »