« 「普通」の概念 | トップページ | 夏の月 »

2005.07.21

食べ過ぎた

膝の受診と買出しを兼ねて沼津まで足を伸ばす。 受診を終えて大きなドラッグストアーに立ち寄ったあとで、清水町にある「卸団地(ここには業務用の商品を扱うお店が軒を連ねている)」に移動したら、もう14時だった。 ふたりともお腹ペコペコで頭も働かなかったので、卸団地の敷地内にある『丸天』の支店に飛び込んだ。 ここは本店を沼津漁港の場外に持つ魚料理の美味しいお店。 中年から初老の威勢の良いオバチャン達が、ガン!ドン!バン!!みたいな感じで(一体どんな感じだ?!!)狭い店内を仕切っている。 えーっと、つまり、運ばれてくるお茶をテーブルに置くときも、上品に楚々として届けられるのではなくて、ドン!と音がするくらいに乱暴なのだけれど、愛想が良くてオーダーの相談にも乗ってもらえるみたいな、飾らない気さくな感じということを伝えたかった。

鰯の天ぷらや本マグロの刺身定食も魅力的だったが、ふと目に付いた「かき揚げ丼」の文字に惹かれ、そちらを頼んでみた。 そういえばこの店でかき揚げを食べたことは、まだ無かったことを思い出す。

しばらくして届けられたどんぶりは妙な光景が展開されていてびっくり! かき揚げが円柱形である。 それが大盛りのご飯の上にすっくと立っていた。   「・・・・・」ふたりとも(・_・;)こんな顔になる。 リンクを張っておくので、スクロールして画面の下部をご覧あれ。 これがご飯の上に立っているのだ。 かき揚げ自体も相当なボリュームだが、ご飯も大盛りで、食べても食べても減ってゆかない。 あんなにお腹をすかせていた私達も、さすがに持て余し気味のボリュームだ。 『ますたあ』曰く、「いやあこれは漁師の男達のごはんだね。」 陸の軟弱な我々にはいささか多過ぎの感あり。 でも、美味しく残さずにいただいて参りました。

さてその後大量に仕入れをして、メモリアに戻り、それぞれの食品を然るべき場所に片付けて、さてそろそろ夕食の支度を・・と思ったら、まだ空腹感が全く無いことに気づく。 私はビールだけで良いから、とりあえず『ますたあ』の分だけでも、と、確認に行くと、「僕もまだいいや」との返事。 果物だけ冷蔵庫に準備し、寝る前にでもいただくことにして、今はビールを片手にこうして書き込み中。 まだまだお腹は空きそうな気配すら見せない。

若くてたくさん召し上がる方には良いかも。 味は美味しいので、お墨付き! コストパフォーマンスも高い。 あとは量をクリアできるかどうかにかかっている。 機会があればいかが? 

|

« 「普通」の概念 | トップページ | 夏の月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ過ぎた:

« 「普通」の概念 | トップページ | 夏の月 »