« 嵐を呼ぶパソコン? | トップページ | 丑の日だったのか »

2005.07.28

メモリアの昼下がり

夏らしい天気が続いている。
館内の気温が高くならないうちに、なるべく早い時間にベッドメイクを済ませてしまうようにしているものの、やはり汗が背中を流れるのがわかる。 毎日Tシャツをたくさん着替え、洗濯し、昼前にはパリッと乾きあがったものを取り入れてたたんで・・その繰り返しだ。

この暑さで一番参っているのは、館内に飾る卓上花などの切花かもしれない。 大きな旅館さんなどでは、特定の出入りの花屋さんとのお付き合いがあるのが普通で、館内の生花・切花の管理や飾りつけ、アレンジメント、花器の貸し出しなどまで、まとめて面倒を見てくれるのが普通だ。 メモリアのような小さな宿では、そんなたいそうな生け花があったら余計にちぐはぐだし、生け方にこだわるようなお客様もほとんど居られないから、普通の主婦が家族のために花を飾る感覚でやらせてもらっている。 かと言って、花が何もないと寂しく感じる方々も多いみたいだし、(おいでいただいたことのある方にはお解かりだろうが)メモリアはただでさえ余計な物が無いシンプルな状態なので、見方によっては殺風景になりかねず、兼ね合いが難しい。 その点において花は、ある程度の期間が過ぎれば寿命がきて、片付けざるを得ない宿命のものなので、ずっと存在し続ける性質のものではなくてありがたい。 殺風景と物寂しさを緩和するために、一役買ってもらっている。

最近は切花用の薬剤が花屋さんで購入できるので、夏の暑い期間は使うようにしている。 花瓶の中の水で細菌やバクテリアが繁殖するのを防ぐ成分と、花に必要な栄養が含まれているらしい。 商品にもよるが10倍以上に薄めて使うものなので、買うときは「そこそこ高いな」と、思っても、ずいぶん使い甲斐がある。 時々花瓶の水に氷を一片入れてあげたりしながら、「暑い中をご苦労様です」と心の中で感謝。 最後に自分の口にも氷を頬張って、次の仕事に取り掛かる・・そんなメモリアの昼下がりだ。

|

« 嵐を呼ぶパソコン? | トップページ | 丑の日だったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモリアの昼下がり:

« 嵐を呼ぶパソコン? | トップページ | 丑の日だったのか »