« 種の油 | トップページ | 水羊羹とライブのお知らせと »

2005.08.01

ちゃっ、ちゃっ、ちゃ!

メモリアには冷蔵庫が何台もあって、それぞれはあまり大型のものではなく、完全に使い分けされている。 お客様に使う食材と賄い用を区別しておく為でもあり、ビールやワインを冷やし過ぎないようにするためでもあり、いろいろな意味があって現在のような形に落ち着いている。 ただし、いくつかどうしても「お客さま用と自分たち用」が区別できない種類のものがあって、そのひとつが夏の間に登場するお茶類だ。

メモリアのチェックインは15時から受け付けているが、比較的早い時間にチェックインするお客様には、お絞りとちょっとした飲み物をお出ししている。 秋・冬・春はホットコーヒー、夏の暑い時期だけは冷たいお茶にしている。 麦茶か緑茶か紅茶、その日によって違う。 あらかじめお茶を抽出しておいてボトルごと冷蔵庫で冷やしておくのだが、その日によってやたらと皆さん早く着く日もあれば、18時近くになっても誰も着いていないような日もあり、従って冷やしておいたお茶の減り方の差も大きい。 で、残ったお茶は私たちが飲んで、次の日にお客様に出すお茶は新たに作り直す。 そのサイクルが出来ている。

たくさん作っておいたのにぜんぜん減らなかった日のお茶は、たっぷりとボトルに残ってしまい、いくら私たちでもそんなに飲みきれないので、2・3日の間キャリーオーバーされることもしばしばで、冷蔵庫の扉に麦茶、日本茶、紅茶のボトルが勢揃いしていることもある。 それに牛乳やジュース、缶ビールまでもが並び、飲み物には事欠かない状態・・悪く言えば場所をとって邪魔だったりも。 まあ、その時の気分や状況によって飲み物を選ぶ自由があることは、決して悪い気はしないけれど。

基本的には全て無糖だ。 これだけ飲み物が充実していれば脱水症の心配は少ないな、とか、災害時に役立つかな、とか思ったりもする。 スペースのことをあまり気にせずに何本ものボトルを並べておけるのも、冷蔵庫が何台もあるおかげだ。 この夏の時期に冷蔵庫のストレスが少なくて済むのは、何よりも感謝しなくてはならないことかも知れない。

|

« 種の油 | トップページ | 水羊羹とライブのお知らせと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちゃっ、ちゃっ、ちゃ!:

« 種の油 | トップページ | 水羊羹とライブのお知らせと »