« 回復は早い | トップページ | 名前 »

2005.09.02

予期せぬ方向に

買出しを兼ねて車のディーラーさん巡りをしてきた。 長年に渡って酸いも甘いもくぐり抜けて来たマツダのエチュード嬢がさすがにお年を召し、あちらこちら散発的に修理を必要とするようになってきたので、公道で動かなくなる前に新しい車を探すことになったからだ。 以前からずっと車を探し続けていたのだが、納得できる車が見つからなかったというのが本音で、未だにその状況に何ら変わりはないのが現状。 ただ、お尻に火がついてきた以上、こちらの要求のレベルを下げるしかない。

30分くらい車を走らせれば日産とトヨタとマツダのディーラーはあるので、依然からそちらにはちょこちょこ顔を出して車を見せてもらっていた。 しかし、それ以外の自動車メーカーの商品は沼津辺りに行かないと、実際に見ることができない。 なので、そちらを中心に回った。 『ますたあ』が事前にピックアップしてくれたのは、スバルのインプレッサ、三菱のコルトとコルトプラス、マツダのベリーサ、日産のティーダ、そして、ルノーのルーテシア。 正直なところ事前の情報収集では、マツダのベリーサと日産のティーダに期待が寄せられていた。 ところが実際に運転席に着いてみると、ベリーサはトランクルームの二段収納は魅力なものの「これだったらデミオで十分だ」という印象だし、ティーダのほうは後方の視認性が悪くてお話にならない。 「カーナビを付ければ、カーナビの画面で後方を映し出すことができますので・・」という営業マンの説明に苦笑。 だって『ますたあ』は地図屋さんなんだから、カーナビをつける気など私達には毛頭無いのであった。 燃費が良いことと車内の静かさは魅力だが、内装デザインも野暮ったい。

で、コルトとコルトプラスは考えていたよりもずんぐりむっくりで鼻先が長く、運転しずらそうな印象の上、外見のデザインが気に入らない。 以外にも実物が良かったのがインプレッサ。 これは運転席からの視認性も非常に高いし好印象。 マイナーモデルチェンジをする前の車種が限定で安く出ているというので、ぐらっと心動かされる。 が、残っているのが真っ赤な車だということと、エンジン音がうるさいのがネックに。 しばらく検討させていただくことにして、全く期待せず冷やかし兼お勉強のつもりでルノーへ向かった。

失礼ながらルーテシアは全く期待していなかったのに、見てきた車種の中で一番気に入った。 車両感覚も一発で体に馴染んだし、シートの作りといい居住性といい座った途端にしっくりと来る。 コントロールパネルのデザインや車体の色使いに至っては言うまでも無いセンスの良さとシンプルさ。 思わず「うーん・・」と唸ってしまった。 本国では既にツードアタイプが発表されているようだが、来春くらいにならないと日本では入手できないとのこと。 元々ツードアで十分と考えている私達には、この上も無い車だ。 来春まで待つか、フォードアで妥協するか・・。 他の車も検討しながら、じっくり考えてみたいと思っている。

予期せぬ車が高得点を取り、期待していた車が全くの期待はずれだった。 やっぱり見てみないと解らないものだ・・と、つくづく思った。 マイナー道をひた走る私達は、またもマイナーな車を選んでしまいそうな予感がする。

追伸。
自動車メーカーのディーラーさんは、なぜどこでもアイスコーヒーを出してくれるのだろう? 私はコーヒーを飲めないので、何だかとっても損した気分。 ・・って、わがままか。(苦笑)

|

« 回復は早い | トップページ | 名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予期せぬ方向に:

« 回復は早い | トップページ | 名前 »