« 満月の夜 | トップページ | 感心 »

2005.09.19

揚げ浸し

夏の間、何度も作った「揚げ浸し」。 ちょっと味に変化が欲しくなってきた。

「揚げ浸し」は素揚げした野菜などを、アツアツのままだし醤油に浸していただくものだ。 今夜はナスとピーマン、ニンジンを使った。 ナスは一口大に、ピーマンは半分に切ってヘタと種を除いてからそれぞれを4つに切る。 ニンジンは薄い輪切り。 5ミリ厚くらいに切ったカボチャやシシトウ、インゲン、キノコ類などを使っても。

で、漬け込みダレを用意しておく。 普段はだしつゆを「つけつゆ」くらいの味にして使うのだが、今回は半量を醤油ポン酢で置き換える。 そこに生姜の千切りをたっぷり。 最後にラー油を少々入れて混ぜておいた。

揚げ油を熱して野菜を素揚げし、火が通ったものから引き上げてそのまま漬け込みダレの中へ。 そのまま冷やして味を染み込ませて出来上がり。

このタレだと少々の酸味がさっぱり感を出し、ほのかな辛味と相まって、なかなかいい感じだ。 ご家庭で作るなら濃縮タイプのめんつゆを薄めたものと、市販の醤油ポン酢で半々に混ぜれば簡単。 鶏のから揚げや一口大に焼き付けたハンバーグだね、茹でた海老等を一緒に漬け込めば、メインのおかずにも対応できるのではないかと思う。 冷蔵庫で日持ちもしそうだ。

これからますますナスが美味しい季節・・作り置きしておくと便利かもしれない、と、思ったので書いてみた。

|

« 満月の夜 | トップページ | 感心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揚げ浸し:

« 満月の夜 | トップページ | 感心 »