« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

良いお年を

おせち料理をちょいちょいっと作って、それでも静かで落ち着いた大晦日だ。

明言してこなかったものの、この年末年始はお客様の予約を受け付けなかった。 いろいろ考えての結果だったが、正解だったと思う。 お電話をいただいてから説明の上で予約をお断りした方々には、申し訳ない気持ちがとっても強い。 でも、メモリアに繰り返しおいでいただけているお客様は、『ますたあ』や私のことをおもしろがって理解してくださっている方々がほとんどなので、「ごめんなさい」と、言って、「そうですか・・」と、残念がられても、心の中で『やっぱりな』とか『・・ふふふ、またコイツら、なにか企んでいるな』と、思ってくださっているのが見え見えのリアクションで、それが何よりもありがたく嬉しかったのも事実だ。

社会人になってから初めての、『休み』のお正月。 逆にどう過ごして良いのか戸惑ってしまっているのが、なんとも情けない。 年末年始にテレビなんて見たことが無かったので、だらだらと長いだけの特番が新鮮に思える。 普通のお正月というものを経験する機会を与えられて、どこか背中の辺りがこそばゆい感じ。

私にとっての05年は、客観的にものを見るための年だった気がする。 ちょっと引いて見ることで、概念や原則を見つける、そんな感じの。 占いに書かれていたような『12年に一度の幸運年』とはとても思えなかったが、それなりに自分らしく過ごせたような気もする。 来年は多分、少し何かが動き始める。 踏み出すと言っても良いのかも知れない。 ここしばらく続いていた『静』から『動』に転じ始めるような気がしている。 いや、そうしなくては。

どうぞ皆様にとっても、素敵なことがたくさんある新年でありますように。
お互いに自分らしく過ごせますように!

良いお年をお迎えください。

追伸
インフルエンザか風邪かわかりませんが、相当流行っているみたいです。 どうぞ新年早々熱を出したりしないように、初詣に出かけたらちゃんとうがいしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.29

年末だから

朝、いきなり玄関先のチャイムが鳴る。 扉を開けたら、二十歳そこそこの、この辺りには似つかわしくない若い女性が一人立っていた。 ノーメイクで唇の皮がめくれていて、眉もボサボサだ。 今時この年齢でもこんな人がいるのかと、驚き怪しみつつ対応する。 即座に宗教の勧誘を疑うも、その場合はたいてい二人連れなので、どうやら違いそうである。
「はじめまして。 ここは自然が豊かで良い所ですね。」
笑っているがずいぶん唐突だ。 
「はあ・・ご用件は何でしょうか?」
「私、茨城県の土浦から参りました○○本舗の●●と申します。」
そう言いながら、いきなり小脇に抱えていたファイルを開くと、お揃いのウィンドブレーカーを着た社員が10人ぐらいで並んでいる集合写真を見せられた。
「私がここに写っています。」
「・・あの、何かの営業の方ですか?」
「今朝はとっても寒いですね。」 相変わらず顔は笑っているのに、話がちぐはぐで噛み合わずにイライラする。
「何かを売り込みにいらしたのでしょうか?」
そこまで聞いてようやく、彼女はまたファイルをペラペラとめくった。
「桑の葉茶のお勧めなんですけど。」
申し訳ないが、当然売買が成立するわけも無く、私は早々に彼女を追い返す役回り。
最後に「寒い中をお疲れ様でした」という私に、
「どうぞ健康でお過ごしください。」と、妙な挨拶をして深々と頭を下げて帰っていった。

営業で今更「ここは良い所ですね」なんて言われるのは、「そこの社長さん」といって仕事帰りの男性を誘う水商売の女性くらいに、希少価値が高い。 多分そういう感じで世間話を広げて相手の緊張をほぐしつつ、商品を売り込むテクニックを教育されたと思われるが、全く逆効果になっていることを彼女は気付いていないのだろうか。 こんな寒い中を一日かけて何軒回り、あのやり方で一体いくらの売り上げが立つというのか。 あんなうら若い女性が、そんな内容の仕事をしているなんて、一体どれだけ情けない社会なのか。 対応したこちらの方が、朝からがっくりと疲れてしまった。

個人ではなく会社を対象とするローン会社から融資の案内電話が来たり、中古車があれば買い取ります、なんていう営業が来たり。 確かに宿泊業はお客様の到着前に先行投資が必要だし、お正月はお客様が集中する分だけ、事前の準備にお金が必要なのも確かだが、世の中のそんなにたくさんの宿が、この時期に車を手放したり、高利の借金をしてまで運営資金を調達する必要に迫られているとしたら、それこそが一番問題だ。

去年のこの時期には、「青森から来ました」と言ってリンゴジュースを売り込みに来た人があったっけ。 考えようによっては、一般家庭では体験できない年末の風物詩なのかも知れないと、そんな風に思うことにして、自分を納得させた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.28

テレビCMから

ミスタードーナツで、レアル・マドリードのホームゲームを見る観戦ツアーが当たるキャンペーンをやっていて、テレビCMが流れています。 で、その最後の画面では、『レアル・マドリード公式おやつ』っていう文字が出てきて、スター選手たちがドーナツにかぶりついています。

すごいです。 「公式おやつ」ですよ。 たかがおやつなのに「公式」なんですよ!

この発想がとても気に入ったので、書いてみました。

私たちひとりひとりにも、それぞれの「公式おやつ」が存在していそうな気がしますね。

ついでに。
ちょっと話がずれますけれど、現在流れている「コマーさる君」のCMにも、ぐっときています。
失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

好きにさせて

前々から思っていたことを率直に書いてくださっているブログを見つけて、嬉しくなってしまった。 実は私も洋食の席でライスを食べる時は、フォークの背中に乗せて食べる方が楽だと思っているのである。 が、上記のブログにも書かれている様に、「実際のヨーロッパ圏ではほとんど見ない食べ方らしい」ということも聞かされているし、今更ファミレスでそんなことをすると、「何あの人、カッコつけちゃって!」みたいに他人の視線が怖いので、『面倒くさいなあ』、と思いつつも、フォークですくうようにして食べている。 なんでわざわざフォークをひっくり返して、その上右手に持ち替えて、すくうようにしなければならないのか、こちらに言わせれば二度手間なのだが。 元々、洋食にライスという組み合わせ自体、既に想定外のことなのだろうから、どうでもいいじゃない、好きにさせてよ!、と、いった感じだ。

同様に私はスプーンが無いと、パスタが食べられない。 いや、何とか食べることはできるものの、非常にぎこちないし、時間も倍くらいかかる。 運ばれてきたばかりのパスタは、勢いで一気にがーっと食べるのが醍醐味とさえ思っているのに、フォーク一本でもたもたしてしまう自分が本当に情けなくなる。 「単に慣れの問題だよ。」、とも、指摘されるけれど、どうしても左手が暇を持て余しているようで落ち着かない。 イタリアンのお店では、予めメニューに関係なく、小さな篭に入れたカトラリーをテーブルに運んでくれる店もそこそこあって、ありがたい。 一方で、オーダーを受けてからそれに見合ったカトラリーをセットしてくださる店では、「スプーンを・・」と、わざわざお願いするのも何となく気が引けてしまう。

子供のように食い散らかす訳ではないのだから、美味しく食べるために「好きにさせて」、と、思う。 それこそが、料理を作ってくださったお店への感謝だろう。 ・・なんて考えてしまうこと自体が、他人の目を気にせず、サービスを強要しがちな「オバサン化」の表れなのかもしれない。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.25

クリスマスには

ちょっと寝坊して、いつものように洗濯を済ませてから、アップルケーキを焼いた。 クリスマスの今日は、ミサではなく義父の病院へ。 日曜日の受付はいつもの通りがらんとして寂しい。 飾られたクリスマスツリーも電飾が消されて、ぼんやりと突っ立っているように見える。 正面玄関にはもう立派な門松が一対並べられていて、びっくり! なんだか何もかも一緒になってしまって片付かないような、落ち着かないような。

玄関の横には飲みものの自販機があって、そこは入院患者さん達の喫煙スペースにもなっている。 いつも数名の患者さんがぷっかりと煙草をふかしていて、そこだけ時間が止まっているような光景がある。 クリスマスからも年末からも切り離されたような不思議な空間の住人達。 病院には似つかわしくないけれど、逆にそこにだけ世間の日常があるような気もして、なんとなく憎めない。

例えば寝ている間に寒いから寝具に毛布を増やしたいとか、洗濯物の回収はスムースに行われているのか、などといった、義父が気にしている日常の小さなことをいくつか調整し、年末年始の外泊の申し込みを済ませた。  ミサには行けずじまいだったものの、家族のために使う時間も、きっと神様は祝福してくださるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

小田和正さんのこと

お決まりのようにカボチャを食べ、柚子湯に入り、小田和正さんの番組の放映時間を待っている。 今でも小田さんの新譜を聞いたり、新しく目にする画像を見たりする時には、心の中の50%くらいが舞い上がってしまう感じで、冷静でいられない。 いい歳をしてこの感覚はいったい何なのかと、自分でも呆れる。 大人になってから見つけたお気に入りのアーティストたちには、この感覚は当てはまらないのも不思議だ。 何か条件反射みたいなものなのだろうか。

ここ数年はクリスマスに小田さんの番組が流れているので、年賀状でそのことに触れてくれる学生時代の友人も複数ある。 短い感想文の中で、それぞれが何かを思い出したり懐かしがったりしている様子が判るのも面白い。 好き嫌いはさておき、我々の学生時代には小田さんの歌声がBGMだったようなところがあるから、記憶の底に染み付いているのかもしれない。

いつも自分より少し先を歩いている人だから、自分も近い将来あの年齢になったらあんな感じになって、あんなことを考えて、あんな風に世の中を見るのかな・・などと教えてもらっている気持ちになる。 小田さんと自分の距離はずっと昔から変わらず、そのまま同じ時間軸を移動している。 時の流れはいつも、心強くてちょっぴりせつない 小田さんもずいぶんと人当たりが丸くなったみたいだ。

タイマーをかけておいた録画が作動し始めた。 オンエアーを見ることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

胡麻豆腐を貰う

サントリー・モルツのキャンペーンで当たった「吉野胡麻豆腐セット」・・お恥ずかしいことに、当選葉書が届くまで応募したことすら忘却していただけに、嬉しさもひとしお。 こういうサプライズ的な要素がある出来事は、ワクワク感が強くて嬉しい。 どういう訳か我が家では、ビール関係の景品が良く当たる。 「これも私がいかにビールを愛しているかの表れだ」と、自慢したら、「じゃあ、ラム酒はどうなる?」と、反論された。 「だって、ラム酒飲んで景品が当たるキャンペーンなんて聞いたことがないもん!」 (・・国産ラムももうちょっとシェアを広げてもらわないと、キャンペーンを組むほどのことにはならないだろう。) しかし、ビールとラムとどっちを愛しているのかなんて問われたら、返答に窮する。 二股かけて恋愛をする気持ちにも似て・・??

で、ご近所にもおすそ分けして、それでもたっぷり手元にある胡麻豆腐。 そんなに毎日たくさん食べるものではないし、続いたら濃厚な味と香りに飽きてしまいそうなので小出しにしている。 箱に入っていた栞には「わさび醤油でお召し上がりください」とあるのだが、なんだかピントがぼけているような味だった。 なので、二回目は田楽味噌とみたらし餡を作って試してみた。 個人的にはわさび醤油よりは好みかな。 ちょっと甘くした方が美味しそうな印象だ。 次回は黒蜜掛けと黄な粉バージョンに挑戦してみようと思っている。 なんだか徐々にお菓子の領域に足を踏み入れているようで怖い。 (ちなみに冒険者の『ますたあ』は黙って密かに、卓上にあるタバスコや塩なども掛けながら試しているようだが、何にも言わない所を見ると相性はやはりよろしくないものと思われ。)

温かいものが並ぶことの多い冬の食卓に、たまには常温のおかずが加わるのも、目新しくて楽しいものだ。 これは!という胡麻豆腐の食べ方が見つかったら、またお知らせします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

風干し

冬型の気圧配置が続くこの時期は、メモリアのある高台も風が吹き荒れている。 おかげで気温が低くても洗濯物がそこそこ乾いてくれるのでありがたい。 大根の皮を厚めに剥いて(当然ながら中身は料理に使ってしまう)、千切りにしてからザルに並べて外に出しておくと、2日とかからずに切干大根になる。 最近ではシイタケの軸も裂いて一緒に干しておくようになった。 同じ材料を生で食べるのと、一度干して戻してから使うのとでは大違いなので、楽しんでいろいろ干している。

魚やイカを干したこともあったのだが、カラスやトンビ、猫までも集まってしまうので、こちらは早々に諦めてしまった。 美味しかっただけに残念だ。 野生の動物たちは軟弱なナイロン製の網ぐらいは、力ずくで破ってしまう根性の持ち主なのに対し、こちらはあまり欲も無いものだから、勝負は目に見えている。 自然界は根性がなければ生き残れない所なのだと、教えられているような気分になるのはこんな時だ。

一方、野菜類は動物たちにはあまり人気がないので、イモ類が夜中にイノシシにやられることだけ気をつければ、安全に外に出しておくことが出来る。 大きな一株物の白菜を4つから8つ割りにして、お日様の元、一日干しておくだけでも、ぐっと味が凝縮されてくる。 それを普通に料理に使えば、当然加熱しても良いし、旨味が増すのでサラダにしても美味しい。 完全な生とは歯ごたえも味も違って面白いので、小さなベランダでもあればお試しあれ。

以前、干しイモに挑戦しようとして、蒸かしたイモを並べておいたら、夕方にはすっかりなくなっていた苦い経験がある。 犯人は結局判らずじまいだったのだが、美味しいものはみんな良く知っているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

偽装??

こういったことに触れてはいけないのだとは思うのですが、やっぱり気になって、ニュースを見る度に首を傾げております・・。

先日国会に証人喚問された某元建築士さんって、髪の毛偽装なさっているように見えますが・・??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.16

小さなツリー

クリスマスも近くなり、街にはイルミネーションやクリスマスらしい飾り付けが溢れ、さまざまなクリスマスソングが聞こえてくる。 キリスト教の信者でもないのに、こぞってクリスマスをお祝いするのは変だという話も聞くけれど、人を労わる気持ちを思い出したり、誰かに感謝したり、家族が揃って団欒することなどは、どれひとつとしてキリストの教えに背いてはいないから、別に目くじらを立てるほどでもないだろう、とも思う。

義父がお世話になっているいくつかの病院や施設などでも、それぞれにツリーが飾られ電飾がチカチカ瞬いてきれいだ。 入院している患者さん方にとっては外出もままならないので、様々な「季節飾り」をして、少しでも雰囲気を味わってもらいたいという考慮だろう。 用事を済ませた夕方に義父の顔を見に訪れると、もう16時には日が落ちてしまい、外来の室内灯も落とされ面会受付も暗い。 がらんとしたロビーには可愛らしいツリーの電飾が映えて、ハッとするようなコントラスト。 外来受診者でごった返している時間には気付かないものだが、実は病院の天井は高くて空間も広い。 静かで暗いその寂しさを埋めるように、家庭用サイズの小さなツリーが独りでがんばって電飾を点灯させながら、温かさを醸し出している。

疎外されるかのように馬小屋で生まれたというイエス様の誕生のシーンと、何かか重なるものを感じて、ふと立ち止まって眺めていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.13

寒っ!!

言葉にするのもシャクなほど寒い。

niftyのお天気週間予報の表には最高気温と最低気温の予報も並んでいるが、この先一週間ほとんど今日の実況と変わりがない数字が並んでいた。 「一週間我慢すればちょっと暖かくなる」みたいな希望が欲しくて覗きに行ったのに、まだまだこの寒さが続くのかと思ったら、余計にガックリ。

ここまで寒いと、全て寒いせいにしたくなる。 朝なかなか起きれないのも寒いせい、やる気が出ないのも寒いせい、やけにお腹が空くのも寒いせい、お酒が美味しいのも寒いせい、眠くなる時間が早いのも寒いせい・・もう、自分でも何がなんだかというくらい、寒いせいで思考回路までフリーズしているような印象だ。

あまりにも気合が入らないものだから、こんな時ぐらい手間隙かけて夕食の支度をしようかと、早々に厨房にのり込んではみたものの、そんな簡単に解決されるはずもない。 中途半端な食材を片付けようとして、まとまりのないメニューになってしまいそうだったので、思い切ってフライの盛り合わせにした。 小麦粉と溶き卵が、切って準備しておいた素材ぴったりに使いきれたことが、妙に嬉しかった。

本気で冬眠してしまいたい気分・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

女という性

ほぼ月に一度、教科書的には28日毎に月経はやって来る。(自分の経験的には一日や二日のズレはよくあることだが。) 動物としては成熟したこと、つまり、社会的な成熟はさて置き、生殖能力があることの証だ。

月経は膣からの出血を伴う。 正確に言えば血液だけではなく、浸出液も若干混じっているものの、見た目上はほとんど鮮血のように見える。 女性はその処理に追われ、また、子宮周辺の筋肉などの緊張により痛みを覚える人も少なくない。 それでなくても女性の体を司る二種類のホルモン支配が入れ替わるので、ちょっとした混乱が起きる事も多く、イライラしたり、下痢や便秘、言うにいわれぬ不快な症状も多い。

月経とは長い付き合いだが、いつも思うことは、女という性はなんとも生々しいものだ、ということだ。 妊娠に備えて肥沃させた子宮内膜を、自分の血で洗い流す・・自分の血で自分の肉を洗い流すなんて、なんとも原始的というか、生々しい。 と、同時に、生物としての底力ともいうべき根性に近い意地のようなものも感じて、それは自分の身に起きているのに、別のエイリアンが息づいているかのような恐ろしささえも感じることがある。 体格も運動能力も男性の方が勝っているのに、「生命力では、絶対に女性には敵わないだろうな。」、と、妙に確信するのだ。

男性女性を問わず、お互いの性の特徴について客観的に正しく知識を持つべきだろうと、強く思う。 それはお互いに避けて通れない苦痛や苦労を思いやることだけではなく、「病気や犯罪に繋がるような安易な性」を避けることで、自分の身を守る為の基礎になるはずだ。 教育の分野はもっと性に踏み込むべきではないか。 決して恥ずかしいことではないと思う。 だって、自分という生物について学ぶことなのだから。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

笹だんご

新潟のお土産として有名な?笹だんご。 私の実家の母が新潟出身なこともあって、なんだかんだと手元に届く機会も多い。 美味しいのだが、固くなるのも早くてちょっと残念・・と、いう訳で、温め直すコツをちょっと。

笹だんごを電子レンジにかけてしまえば、早いことは早いのだけれど、包んである笹の葉っぱにだんごの餅が張り付いてしまい、剥けなくて四苦八苦の挙句、中の餡が破れ出ることになる。 で、一工夫。 鍋に湯を沸かし、笹だんごをそのまんま投入! 菜箸で軽くつかんでみて、ムニュっと軟らかくなればオーケー。 湯から引き上げてザルがあれば乗せて水切りする。 数分放置すれば熱い笹だんごの熱で、表面の笹の水分が蒸発し乾いてくる。 これで終了。

この方法だと、笹の葉が微妙に湿ってだんごからすぐに剥がれる上、出来たての美味しさなので、是非!

ちなみに笹だんごは冷凍もできる。 束ねてある部分を切り落としてばらばらにし、ひとつずつラップで包んでから、食品用ジッパーつきの袋に入れて、中の空気を押し出してから冷凍庫へ。 食べたくなったら凍ったまま茹でる。 もちろん余裕があれば電子レンジで解凍だけして茹でても良いし、先に室温にまで戻しておいてから茹でても。 でも、二度手間のようで面倒なので、私は直接鍋に放り込んでしまうことが多いけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.08

優位に立つ責任

しばらく前にバラエティー情報番組で、やたらと秋葉原の「メイドカフェ」を取り上げていた時期があった。 その中で実際に来店している客に、「あなたにとってメイドカフェの魅力とは何ですか?」と、インタビューしていたのだが、一人の男性の回答が妙に印象に残った。 「ここに来たら、自分が優位に立てるじゃないですか。 女の子たちはメイドさんな訳ですから、自分より立場が下で、自分の好きなようにできるじゃないですか。 そこが魅力です。」 テレビの映像を見ながら、どうした訳か、腑に落ちないような、一方で「うーん」と唸るような、複雑な気分になったのだ。

上記の内容を商売という点から見れば、メイドカフェはまさしく「してやったり」である。 客にいかにもイニシアティブを持っているかのように思わせておけば、客は気分良くお金を落としてくれるだろう。 料金設定は経費を差し引いたって儲けが出るようになっているはずだから、それを安いと思ってもらえれば何よりだ。 儲けているのはお店の経営者やメイドさんとして雇われている女の子達なのだから、本来優位に立っているのはお店側のはずだが、サービス業の基本は「そうは思わせないこと」である。 下に下に出て気分良くたくさんのお金を落としてもらう、そこがポイントなのだろう。 客商売の見本のような店とも言えるかもしれない。

次に客の言ったことを思うと、「人の優位に立つことは、そんなに魅力がありますか?」と、聞いてみたい心境に駆られた。 お金を払ってささやかな優位を買う・・日常の生活の中で余程虐げられているのだろうか? いつも誰かに優位に立たれて、その下でイライラしていたのだろうか? そこまで大げさに考えてしまったのは、最近の小学生の女の子をターゲットにした凶悪事件の根底に、同様のものを感じているからだ。 大人は幼い子供を相手に、体力的にも精神的にも簡単に優位に立つことができる。 好きなように思う通りのことをして、挙句の果てに命まで奪う。 性的対象や事件のターゲットを幼い子供にしたのは、大人相手では優位に立つことが難しかったからに違いないだろう。 そこそこお金が使える人は、メイドカフェに代表されるような店や、きれいなオネーサンが優しくお酒を注いでくれるような店に行って、お金で優位を買って欲求を晴らすことができる。 そのお金を用意できない人の中で自制が利かなくなった人は、道を踏み外してしまう。

私はサービスを提供する仕事に携わったから、お客を優位に立たせるべき役割については身をもって理解したつもりだ。 ただし、そこでどちら側の立場の人も忘れてはいけないことは、「優位に立つ人にはそれなりの責任が課され、下になる人にも大事な役割がある。」という大原則である。 上に立つ人は下の人を上手に誘導して、安全を確保したり、方向性を間違えないように導いたり、大事なことを教えたり、気分良く過ごしたりさせなくてはならない。 一方で、下になる人は、やってもらう自分の権利ばかりを声高に叫ぶのではなく、自分の上に立つべき人を可能な限り自分の責任で選択し、一緒に目指す方向性を理解するように努め協力しなくてはならないだろう。 つまり、よくよく考えれば50・50であり、その間に金銭が絡もうが絡まなかろうが関係なく、優位に立つ者だからといって好きなようにして良いということでもなければ、客だからといってなんでも許されるというわけでもないのではないだろうか。 その原則が崩れて、若しくは強制的に崩されてシーソーが一方に傾いた時、問題や事件につながって平和でなくなるようにも思えるのだ。

上に立つ人も、下に居る人にも、それぞれの役割や責任がある。 見下すのでも上目を使うのでもなく、相手を尊重することが出来るか出来ないか、ポイントはその一点のような気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

アンモナイトの化石

アンモナイトのピアスを持っている。 直径1センチほどのアンモナイトの化石が縦に二つ割にしてあって、断面がそこそこ滑らかに磨かれている。 淡い灰色とも茶色ともいえるような、よく目にする化石の色。 身に付けていてもアンモナイトだと気付く人はあまりなくて、大抵は「変わった石」に見えるようだ。 「アンモナイトなのよ」と説明すると驚かれる。

色のためか、小さいのに独特の存在感があるので、夏は暑苦しい印象がして、あまり使う気になれない。 冬になってセーターで過ごすようになると、やっと似合ってくる印象だ。 さすがに持っている他のピアスに比べると、格段に重たい。 化石だものなあ・・。 収まりが悪いと、耳たぶにぶら下がっているような感覚を常に感じることになる。

ジュラ紀のものだと説明を受けて買った。 アンモナイトは当時それこそ「腐るほど繁栄していた」らしいから、決して珍しいものでも高価なものでもない。 が、化石は地層の中に埋まっているので、輪郭を丁寧に掘り起こすのが相当手間と根気の要る作業らしく、装飾品としては数があまり使われない。 それよりも地層ごとデパートの壁剤として移植してしまった方が、よっぽど安上がりで簡単ということらしいのだ。 

よくよく思えばアンモナイトとは言え、化石を身に付けているなんて、原始時代を描いた漫画のように、動物の骨を装飾品として身に付けているのと同じことになるわけで、本来はあんまりセンスの良いことではないのかもしれない。 でも、長い長い生物の進化の歴史を身近に感じるし、生物の進化図の、あのフォーク式の表をふと思い描いたりもして、実は気に入っていたりする。

歴史のあるものは、やっぱり重たいものと相場が決まっているようだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.04

みぞれ

お昼頃から降り始めた雨が時折みぞれになるような、寒い日曜日。

ひざ掛けの代わりに毛布を引っ張り出してきてぬくぬくと包まりながら、掌でホットミルクのマグカップを抱え、ラグビーの「早明戦」をテレビでゆっくりと楽しんでいた。 雨の競技場と違って暖かい室内に居るのが、なんだか申し訳ないような気分になりながら。

静かな午後。 積もった落ち葉の上にみぞれが降ると、シャリシャリ透き通った音が響く。 画面ではプライドを背負って肩から湯気を上げている屈強なラガーマン達。 汗なのか、雨なのか、もうぐしょぐしょだ。

探しようによっては、まだこの世の中にも美しいものがあるな、などと、ぼんやり考えていた。 悲しいニュースばかりが続く中で、ほんの少し救われたような気分がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

「絶対料理」からひとつ

当然私の造語だ。 時間がない、面倒くさい、体調が悪い、子供もお年寄りもいる・・そんな時でも心配がなく、失敗の仕様がない、そんなメニューのことを勝手に「絶対料理」と名づけている。 その中でも最強の安全牌をひとつご紹介。 頭の片隅に覚えておくと「逃げ場」があって安心。 7分くらいで出来上がっちゃいますよ、いや、マジで。

すき煮(4人分)
材料 木綿豆腐 一丁 ・・・水切りせず6から8等分に切る。 手でちぎっても良い。
    牛薄切り肉かこま切れまたは豚バラ肉薄切り 250グラムくらい 
    長ネギ 一本 ・・・斜め切り
    ゆで卵 4個 ・・・殻は剥く
   (調味料) ・・・全部混ぜておく 
    醤油とみりん 大さじ4ずつ
    砂糖と日本酒 大さじ2ずつ

1 (火にかける前の)鍋に豆腐、肉、ゆで卵、長ネギを並べるように入れて、調味料を回しかける。
2 蓋をしてそのまま中火にかけ、5分煮る。
3 火が通ったらひと混ぜして器に盛る。

・・・これだけ。 大人は七味をかけてどうぞ。
卵を二つに切って盛り付けると、よりきれい。 お好みでエノキダケや糸コンニャクを加えても。 ゆで卵を作る時間がなければ、市販の温泉卵を出来上がりに割り入れたり、生卵を各自でつけながらいただいても大丈夫。 肉だって存在感を出したければたっぷり入れればいいし、少なくても旨味が豆腐に染み込むのでそれなりに美味しいし。 要するに、何とでもなる所が嬉しいでしょう? どんぶり風にご飯に乗せても、間違いない美味しさ!

サラダやおひたし等、野菜メニューを添えて・・。
    
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.02

日常の断片

最近笑ったこと。

ルノー車購入時に担当してくださったディーラーの方。 「運転席パネルの警報サインが点灯したからと言って、そこが壊れているとは限らないんですね。」 ・・・車が電子的回路でコントロールされているために、どこか一箇所故障しても連鎖的に他の回路に影響が及ぶことが多いらしい。 で、メカニックの技術者さん達は『この二つが点灯している場合はあそこが怪しい』、とか、『ここが壊れたらこんな順番で警報サインが点いた』、などといった情報を集積して対応しているとのこと。 便利になったような、不便になったような技術革新よ。

後ろで新聞を読んでいる『ますたあ』が、『紅白歌合戦』の出場歌手一覧を見ながらポツリ。 「『紅白』っていうのは、ご家庭で見れるディナーショーみたいなものか。」 ・・・確かに。

某都立高校で教職についている友人が修学旅行の引率に行くと言う。 「まったくもう、空港に上下ともスエット姿でサンダルみたいのつっかけて来て、手にグッチのバッグとか持ってきちゃうセンスの無さ、許せないのよね。」 ・・・それって♪海パンで国際線乗っちゃって~に近いものがある、と、思った。 引率も大変そうだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

狸さま、ご来訪。

お昼前、そろそろ昼食の準備にかからなくては、と、思っていた矢先、がさごそと庭で枯葉を踏みつける音がした。 誰か入ってきたか、と、窓から覗くと、一匹の大きな狸が物色中。 積もった落ち葉の下から時折何かを見つけては、もぐもぐ食べている。

「狸だ。」
「ホントだ・・。 こんな真昼間に。 狸って夜行性じゃなかったっけ?」
「そうだよね。 よっぽどお腹が空いているとか?」
「何か食べてるみたいだし・・」
「虫?」
「さあ・・?!」
「狸ってオシッコする時、足上げてするのかな?」
「・・?? 狸ってネコ科じゃなかったっけ?」
「違う気がする・・(その場でインターネット検索)イヌ科だってさ。」
「それじゃあ足上げてするかもね。」
「なんだか絵が目に浮かばないな。」
「そのまましゃがみこんでやっちゃうかもよ。」
「そうかもね。」

いくら屋内とは言え、数メートル先でこちらが普通の声で会話しているのに、全く動じる様子もなくがさごそ・もぐもぐやっている。 なんだか冗談のような光景。

茶色でふかふかの毛で覆われ、本当にぬいぐるみのようだった。 野生の狸をこんなに間近でじっくりと観察したのは初めてだと思う。 今日からついに12月・・みんな冬の準備で忙しいみたいだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »