« 「絶対料理」からひとつ | トップページ | アンモナイトの化石 »

2005.12.04

みぞれ

お昼頃から降り始めた雨が時折みぞれになるような、寒い日曜日。

ひざ掛けの代わりに毛布を引っ張り出してきてぬくぬくと包まりながら、掌でホットミルクのマグカップを抱え、ラグビーの「早明戦」をテレビでゆっくりと楽しんでいた。 雨の競技場と違って暖かい室内に居るのが、なんだか申し訳ないような気分になりながら。

静かな午後。 積もった落ち葉の上にみぞれが降ると、シャリシャリ透き通った音が響く。 画面ではプライドを背負って肩から湯気を上げている屈強なラガーマン達。 汗なのか、雨なのか、もうぐしょぐしょだ。

探しようによっては、まだこの世の中にも美しいものがあるな、などと、ぼんやり考えていた。 悲しいニュースばかりが続く中で、ほんの少し救われたような気分がした。

|

« 「絶対料理」からひとつ | トップページ | アンモナイトの化石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みぞれ:

« 「絶対料理」からひとつ | トップページ | アンモナイトの化石 »