« 寒っ!! | トップページ | 偽装?? »

2005.12.16

小さなツリー

クリスマスも近くなり、街にはイルミネーションやクリスマスらしい飾り付けが溢れ、さまざまなクリスマスソングが聞こえてくる。 キリスト教の信者でもないのに、こぞってクリスマスをお祝いするのは変だという話も聞くけれど、人を労わる気持ちを思い出したり、誰かに感謝したり、家族が揃って団欒することなどは、どれひとつとしてキリストの教えに背いてはいないから、別に目くじらを立てるほどでもないだろう、とも思う。

義父がお世話になっているいくつかの病院や施設などでも、それぞれにツリーが飾られ電飾がチカチカ瞬いてきれいだ。 入院している患者さん方にとっては外出もままならないので、様々な「季節飾り」をして、少しでも雰囲気を味わってもらいたいという考慮だろう。 用事を済ませた夕方に義父の顔を見に訪れると、もう16時には日が落ちてしまい、外来の室内灯も落とされ面会受付も暗い。 がらんとしたロビーには可愛らしいツリーの電飾が映えて、ハッとするようなコントラスト。 外来受診者でごった返している時間には気付かないものだが、実は病院の天井は高くて空間も広い。 静かで暗いその寂しさを埋めるように、家庭用サイズの小さなツリーが独りでがんばって電飾を点灯させながら、温かさを醸し出している。

疎外されるかのように馬小屋で生まれたというイエス様の誕生のシーンと、何かか重なるものを感じて、ふと立ち止まって眺めていた。

 

|

« 寒っ!! | トップページ | 偽装?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなツリー:

« 寒っ!! | トップページ | 偽装?? »