« 片付かなくて | トップページ | ビールとレコードと »

2006.02.01

あんみつもどき

提供してくれるお店が無いなら、自分で作るしかない・・こちらで暮らすようになってから、すっかり口癖になってしまった言葉である。 おかげさまで、買えば済んでいた食べ物の作り方を身に付ける事が出来たり、かなり安上がりで、尚且つ自分好みの味や量に加減する事が出来るようになったりして、長い人生の中では良い訓練になったと思う事にしておこう。 根本の部分で、暮らしている者が利用したいと思える外食店が無いのに、観光客に利用していただける訳が無いだろう!、なんていうツッコミ所はあるけれど、それには触れないことにしておきたい。

さて、あんみつを作った。 厳密に書くと「あんみつもどき」だ。 塩茹したえんどう豆も求肥もなし。 その代わり餡の横にバニラアイスをのせてクリームあんみつ風に。 抹茶茶碗を出してきて、西伊豆の天草で作った香り高い寒天は大きめのサイコロ切り。 薄切りのリンゴと洋ナシ、キーウィーフルーツも添えて、黒蜜をたっぷり。 十分満足できるものに仕上がった。 材料費は2人前で400円足らず。 しかも人件費も場所代もタダ。 外でいただけば一人前700円くらいに設定できそうな仕上がりに、内心ニンマリする。

お昼ごはんは、水菜とベーコンとゴボウのパスタ。 ガーリックをきかせて仕上げにちょろっと醤油を回しかけて、全体のバランスをまとめてもらった。 ゴボウはベーコンと一緒に加熱し始めて柔らかい感じに、逆に水菜は余熱でしんなりさせるくらいでシャキシャキ感のコントラストをつける。 ヨーグルトを添えてテーブルに。 食後にはミルクティー。

カレンダーを一枚めくって、どしゃ降りの音を聞く冬の午後。 食べものが充実するのは、最も手っ取り早く手に入る幸せのひとつかもしれない、ということを考えていた。

|

« 片付かなくて | トップページ | ビールとレコードと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんみつもどき:

« 片付かなくて | トップページ | ビールとレコードと »