« 苺を煮る | トップページ | 軒先にマンボウ »

2006.05.29

「邦人は無事」という言い方

「日本人は無事です」・・外国で天災や大きな事故が起きたりした時に、ニュースで使われる言葉。 活字のメディアでは「邦人の無事が確認された」となる。

これ、私個人的にはとても引っかかる表現なのだ。 自分達のことしか考えていないような印象で、嫌な感じ。

今問題になっている「愛国心」の欠如から抱く感覚なのだろうか。

細かいことを気にし過ぎだと、指摘されそうではあるけれど。

|

« 苺を煮る | トップページ | 軒先にマンボウ »

コメント

こんにちは!コメント書くのは久しぶりです…

とっても同感です。私も海外で事故のニュースを聞くたびに気になります。
例えば「300人が亡くなる大惨事だった、でも邦人は無事だった」と言われると「だから日本にとってはそれでいいのだ」と言われてるみたいで。

「愛国心がある」ことと「他の国の人はどうでもいい」はイコールではないはず。だから違和感を覚えるのは間違ってない…と自分では思うのですけれど。
自分の国のことは好きだけど、他の国だって大事です!これは変じゃないですよね?

投稿: ayano | 2006.05.30 18:29

ayanoさん、コメントありがとうございました。 お久しぶりです。

ああ良かった、同感の方がいてくださって・・と、いう気持ちです。 やっぱり変じゃないですよね、ウンウン。 そうなんですよ、ニュースで「邦人は無事です」とか言われると、「だから何だって言うのよ??」と、いちいち突っ込んでしまいます。 ・・ジャワ島の地震、厳しそうだなぁ。

投稿: リーボー | 2006.05.30 19:50

すごく遅れたコメントですが

日本国政府は邦人を(邦人がいれば)保護しています。ということを(わざわざ)報道している、といったところではないか?と思います。

思いついたところでは、ワールドカップのチケット問題にしてもそうですが、わざわざ代理店に役所がチケット入手できているか?、問題になってないか?って指導している
こんな(親切?)な国は日本くらいではないか?と思ってしまいます。

ところで、うちのPCの辞書は何度変換しても
国が六合
親切が新雪になってしまいます。
おおばかものです。

投稿: syumei | 2006.06.06 22:16

syumeiさん、こんばんは。
偶然にもお久しぶりの方のご来訪が続いて、うれしいです。

国の対応はちょっとお節介なんじゃないか、と、思うこともありますが。 いざという時の保険みたいなものなのでしょうか。 それだけ「国民は何にも考えずにおバカでいてね」って言われているような気もしなくもありませんが。 バランスが難しいですね。 評価はケース・バイ・ケースですし。

>親切が新雪
ははは。 それは冬の間の、日本語辞書の自動学習の成果なのではないかと・・?
親切は「深雪」の方が上位なのかと思いました。 「新雪」なんですね。 ふーん。

投稿: リーボー | 2006.06.06 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「邦人は無事」という言い方:

« 苺を煮る | トップページ | 軒先にマンボウ »