« ミーハー | トップページ | 取るに足らない日常からふたつ »

2006.06.21

空芯菜

大好きな野菜のひとつなので、店先で見つけると思わず買ってしまう。 茎の中心が空洞になっており、断面はストローのよう。 葉は柔らかくてくせがない、中国野菜だ。

炒め物にするのが最も美味しいように思う。 強火でさっと炒めて、塩コショウ、出来上がり際にオイスターソースをちょっと。 茎の歯ごたえと葉の柔らかさのコントラストも魅力だ。 今夜は一口大に切った厚揚げとシメジを相棒にした。 もっと国内でたくさん栽培してくれても良いのになあ、と、感じているのだが、街の八百屋さんには並んでいるのだろうか?

いつの間にか気温が高くなってきて、おまけに湿度も高く、火の前の作業が億劫になる季節になった。 ささっと炒めて、ガツンと食べて、バテない体を準備しなくては・・。

|

« ミーハー | トップページ | 取るに足らない日常からふたつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空芯菜:

« ミーハー | トップページ | 取るに足らない日常からふたつ »