« 初スイカ | トップページ | さみしくはないかな? »

2006.06.03

二の岡ハム

これだけの情報が簡単に手に入る昨今、「美味しい」と書かれているお店の紹介は溢れんばかりだ。 「美味しいとされるお店」の紹介本に記事を掲載してもらうのだって、お金さえ出せば簡単に出来てしまう世の中。 メディアに取り上げられていないお店を探す方が、難しいくらいだ。 当然、全て本当に美味しい訳でもないから、ありがたいのやら迷惑なのやら、半々な気分になる。

基本的に食べ物の好みは一人一人違うし、あの人が美味しいと言っていたからといって、自分でも美味しいと思うかは保証の限りではない。 自分と食べ物の好みが近い人を探し出して、その人の意見を参考にするのが関の山だろう。

もうひとつ厄介なのは、お店の寿命が短い世の中になってしまっていること。 あの店にまた行こう、と、思っても、既に無くなっていたり、調理人が変わったり、商品構成が変わったりして、がっくりと肩を落とすことも珍しくない。

今日はひょんなことから、「二の岡フーズ」さんへ行って買い物をしてきた。 相変わらず農家の庭先のようなつくりの、ちっぽけなお店で、レトロな白衣とキャップに身を包んだ店員さんがハムやベーコンを売っている。 きっとレトロな感じを狙ってわざと変えずにいるのだろうが、大抵ちょっと名が売れると、すぐにこじゃれたレストランを併設したりしがちな中で、数年ぶりに訪れてもな~んにも変わらない姿勢は、本当に嬉しい。

夕食に早速「ボロニアソーセージ」をいただいた。 味も香りも、いつもの、あの頃から全く変わらない、懐かしいまんま。 期待を裏切らない所が二度嬉しい。 豚肉の味が落ちている時代に、これだけの商品を保つことは楽ではないはずで、頭が下がってしまう。 私はこの脂も味も香りもしっかりしているボロニアソーセージの薄切りで作るハムエッグを、温かいご飯の上に乗せていただくのが大好きだ。 ちょろっとお醤油を垂らしたりしたら、もう、それだけでご馳走!

初めての方はベーコンも是非。 通販も対応してくれている。 箱根に旅行に行った時は足を伸ばして、クーラーボックス持参でお店へ。 ちょっと高いが、それを知っていても、癖になる味だ。 「美味しいもの」を知っている大人の方に、是非お勧めしたい。

|

« 初スイカ | トップページ | さみしくはないかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二の岡ハム:

« 初スイカ | トップページ | さみしくはないかな? »