« とりあえず | トップページ | 夏が来た »

2006.07.13

「やっぱりそうですか。」

恋愛関係の行方について依頼を受けて展開したタロットカードで、パートナーの位置に「死神」のカードが出た。 しかし、将来についてや全体のキーワードとなるカード、「場」の全体から受けるイメージには、全く暗さがない。

依頼者とパートナーはもう長い付き合いで、その上、双方にそれぞれ家庭がある。 何度か見させていただいているので、大人の恋愛に伴う細かいごたごたについては、そこそこ背景も判っている。 不倫と呼ぶ人もいるだろう。 が、本人同士は非常にプラトニックな関係で、逢ったり頻繁にメールをしたりもなければ、片方が結婚して以来肉体関係も全くない(らしい)。 それでも、愛し合っている。 では、何故、その人と結婚しなかったかと言えば、「(もしかしたら結婚相手よりも)愛しているけれど、一緒に生活できる相手ではないから」だそうだ。 一年ぶりに手紙を送ってみたが、いつもはすぐ届く返信が無いとのこと。 健康でも害したりしていなければ良いが・・ということだった。

「死神」のカードは、物事の終焉を意味するに違いないが、PCが暴走して手に負えなくなったら最終的に電源を落とすのと同様に、「そうでもしなければ終わらせられないもの、次に進めないものを、強制的にシャットダウンする」という内容があるように思う。

彼はあなたのことを忘れようとしているように見受けられる。 逆説的ではあるけれど、それによって、あなたは完全なる理想の相手・運命の相手として、揺ぎ無い存在に決定付けられる。 これからずっと、何が起こっても、それぞれを忘れることはないし、逢わないからこそ胸の中でイキイキと恋愛は続く、そんな印象だと、言葉を選んでメールを打ったら、すぐに返信が戻ってきた。 「やっぱりそうですか。 そんな気がしていたので、言ってもらえてよくわかりました。」 重い言葉だと思った。

現実から隔離された状態でこそ育つ恋愛というのもあるのだろうか。 理想を理想のままで保つためには、現実の生活は時として邪魔になるのか。 わからなくも無い。 言葉で表現するのは難しいけれど。

現実の中で育まれる恋愛、心の中で閉じ込めることで成長する恋愛。 いろいろなのだろう、きっと。 結婚相手との恋愛を、現実の生活の中でしっかりと育てていって欲しいと、メッセージを送った。

どういうわけか、ため息がひとつこぼれた。

|

« とりあえず | トップページ | 夏が来た »

コメント

解る気が…。
逢わないからこそ胸の中でイキイキと続く恋愛ってきっとあると思います。あってほしいと思います。現実の生活は時として邪魔な時もあると思います。
それはきっと不倫とかって言葉とは違くて…。言葉にするのは難しいけど…。
「無理やり」かも知れませんが、このお二人のだした結論に心から敬意を払いたい。そう思います。
(不倫肯定ではありませんが…)

投稿: クッスィ~ | 2006.07.13 23:48

クッスィ~さん、いらっしゃいませ。

突然ですが、私が幼稚園児の時、オヤツに出された「銘菓ひよこ」が可愛すぎて食べられなくて、ですね、そのまんま机の引き出しにしまっておいたら、やがてカビが生えて悲惨なことになりました。 その時に生まれて初めて、自分のエゴについて認識したんですね、子供ながらに。 そんなくだらない記憶のイメージが、一体どうした訳か、カードリーディングの最中に重なってきて、払拭するのに苦労を要しました。

きれいなものをきれいなまま残しておくというのは、実は罪深いことなんじゃないかと思う部分もあるんです。 ここ数日、それについて考えています。 まだまとまりません。(苦笑)

投稿: リーボー | 2006.07.14 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「やっぱりそうですか。」:

« とりあえず | トップページ | 夏が来た »