« 両親とケータイ | トップページ | つよい風の中を »

2006.07.01

夏の煮物

暑い時期の和食の煮物は、甘さを控えめにして、スッキリと後味を軽くするように。 そして、冷たくても美味しい素材を使うようにすると良い。 例えばナスや高野豆腐の煮物などはきりっと冷やしても美味しい素材だ。 なるべく火の前に立つ時間を短く控えておきたいのが正直な気持ちだし。

今日は「イカ大根」。 家庭の煮物の定番だろう。 あめ色にイカの味を染み込んだ大根も魅力的。 いつもなら砂糖とみりんの両方で甘さをつけるところだが、砂糖を入れずにみりんだけで作ってみた。 この時期のイカは身が厚くて甘さがあるので、煮汁の甘さを抑えることで逆にイカの味が引き立って、良い感じ。 冷やしたビールとの相性も良かった。

甘さを勝たせた方が美味しいもの、甘さを控えた方が美味しいもの。 その時々によって臨機応変にしなくてはならないのが、料理の難しさでもあり、面白さでもあり・・。

|

« 両親とケータイ | トップページ | つよい風の中を »

コメント

イカ大根おいしそうですね!
って言うより『うまそう!』
ビールと一緒ってところが,益々いいですね。

今日は日曜日。今晩は久しぶりに自分で料理を作ってみようと思います。美味しくできたら報告しますね。

投稿: クッスィ~ | 2006.07.02 10:01

クッスィ~さんはマメだなぁ・・。
料理も気分転換の内でしょうか?
確かに、普段と違うことをやると好奇心が満たされるような気分になりますね。
どうぞ精神的にゆったりとした日曜日を。
メニューは何かな?
ご報告、お待ちしております。

このくらいの気温になると、やっぱりビールですな。 って、単に酒飲みの言い訳かも。(苦笑)

投稿: リーボー | 2006.07.02 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の煮物:

« 両親とケータイ | トップページ | つよい風の中を »