« 甘酢あんのベース | トップページ | 警戒されていない »

2006.09.20

全然違うよ

義父がお世話になっている老人施設で、おでかけ行事が企画された。 秋の遠足のようなものだろうと思う。 車椅子生活の人も希望すれば連れて行ってくれるとのことで、大変ありがたい話だ。

「今度おでかけ会があるらしいな。」、と、義父。
「そうみたいね。 行ってみる?」
「うん。」
「たまには遠出もいいよね。 至れり尽くせりで、私たちが連れて行ってあげたのではそうもいかないから、ありがたいじゃない。」
「そうだよな。」
「で、どこに連れて行ってくれるって?」
「ベゴニアガーデン。」
伊豆には天城高原という場所に東急グループが運営している「ベゴニアガーデン」という施設があって、温室の中、見事な色とりどりのベゴニアの花が一年中咲いている。 お年寄りは花を愛でるのが好きな人も多いから、それで選んだのかな?、なんて考えていた。

ところが、だ。 一応参加希望者の家族にも了承を取る為に、施設のケア・マネージャーさんから電話があった。
「20日にみんなで朝霧高原に行く計画を立てまして・・」云々。
あれ?「ベゴニアガーデン」じゃなかったの?

義父は耳が遠い。 きっと補聴器を掛けずにお誘いの説明を聞いていたのだろう。 「ベゴニアガーデン」と「朝霧高原」・・全然違うけれど、確かにイントネーションだけは似ていなくも無い。 なんだか可笑しくて、笑ってしまった。

今日は湿度の低い秋晴れの一日。 おでかけ会は絶好の行楽日和になった。 匂い始めたギンモクセイを見上げながら、「今頃、義父も秋の一日を楽しんでいるだろうか?」とぼんやり思った。

|

« 甘酢あんのベース | トップページ | 警戒されていない »

コメント

今日はホントに気持ちいい天気でしたね。
確かに「ベゴニアガーデン」と「朝霧高原」ってイントネーション似てますもんね(笑)
きっとお義父様は楽しんでこられたんでしょうね。いいな~。。

PS.先日のオイラのコメント間違ってました。魯山人が食べたのは合鴨ではなく幼鴨でした。ちなみに山葵は粉山葵なんですって。オイラのコメントが下品になっちゃいましたね。ゴメンなさい。

投稿: クッスィ~ | 2006.09.21 01:10

クッスィ~さん、ご丁寧な訂正をありがとうございました。 そうか、粉ワサビか・・ありましたね、粉のヤツ。 昔は確かに粉がポピュラーだったのでしたっけ。 溶くのが子供の役目みたいな感じで。 ものすごく久しぶりに粉ワサビの存在を思い出しました。 懐かしーい!

投稿: リーボー | 2006.09.21 11:34

「ベコニア・ガーデン」と「朝霧高原」
パソコンの前で、机を叩いて笑い転げてしまいましたっ。
私の場合はよく、ボーッとして人の話を聞いていて、言葉の区切りを間違えたりして、とんでもないものに聞こえてしまって、勝手に驚いて聞きなおしてしまったりします。
「空耳アワー」じゃないけど、そういう聞き間違えも楽しいですね。
連休明けの子どもの話では「先生!わたし昨日、『ネズミーランド』に行ってきたの!」ってのが、ありました。
あ、これ、違うところで書いたことあったかも。。。

投稿: かおる | 2006.09.24 00:37

ところで、朝霧高原にはとても大きなベコニアガーデンがあるそうですよぉ。。。

投稿: かおる | 2006.09.24 00:51

かおるさん、こんにちは。
『ネズミーランド』、笑えますね。 これって、大人の事情で本当の名前を出せない時の隠語に使えそう。 覚えておくことにします。

朝霧高原のベゴニア園は、全く知りませんでした。 もしかして父が言っていたのはそれのことだったのかな?? だとしたら凄い失礼なことしちゃいましたね、私。 うーん、もう一度しっかり聞いてみようと思います。

投稿: リーボー | 2006.09.24 15:05

あれから詳しく聞いてみたのですが、やっぱり朝霧高原でベゴニアも見たらしい・・。 ただ、実は彼にはもっと印象的だったことがあったようで、それは、「フクロウを撫でた!! すごく可愛かった。」だそうでして。 もう何がなんだか、って、感じですが。 昨夜検索して調べてみたら、ベゴニアの咲いている観光施設にはフクロウも居るらしいことがわかり、どうやらそこへ行ったのではないかと。 まあ楽しんで来てくれた事だけはよく判ったので、それで善しということに落ち着きそうです。

投稿: リーボー | 2006.09.29 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全然違うよ:

« 甘酢あんのベース | トップページ | 警戒されていない »