« 表裏一体 | トップページ | 鯖の味噌煮 »

2006.09.28

それは何処なんだろう

またリーボーがとんでもないことを言い出した、と、呆れられるかもしれないが。

昨日は住民検診でバリウムを飲んだので、普段便秘とは縁が遠い私は飲みなれない下剤が大変よく効いて、下痢とトイレの往復で疲労困憊してしまい、夜は渋り腹を抱えながら集中力も切れてダラダラ過ごしていた。 こんな時は眠りにつく準備をするのも面倒で、テレビを見るのもかったるいからと何気なくPCを立ち上げた。

すると立ち上がった瞬間にメールが送りつけられた。 懐かしい友人からのお祝いメッセージ。(実は昨日は誕生日。 そんな日に下痢なんてお世辞にも上品な話ではないが。 苦笑。) すごいタイミングで送信してくれたもんだ!と、嬉しさもひとしおでびっくり。 お礼のメールを打ち込んでいる短い間にも、上手く表現できないのだが「相手と繋がっているような感覚」が自分を支配していた。 もちろん、その間相手の様子を知る術もないし、極端に言えば、今何処で何をしているのかも判らないわけだが、そのような現実の条件を全てスパッと無視した「どこかの場所」で、2人は会話を必要とせずに繋がっている・・そんな感じ。

なんだか勿体無いから、返信を送信してからも、床で膝を抱えたまま何もせず何も考えずに、繋がっているイメージだけを追いかけて、ぼんやりとしていた。 気付いたら1時間弱も経過していて、これまたびっくり。

当然ながらテレパシーで会話しているわけでもなく、意図のやり取りができるわけでもない。 相手だって、もうとっくにPCの前から居なくなって、お風呂に入ったり眠りについたりしているのかもしれない。 でも、そういうことではなくて、魂が直接どこかで逢っているような、信頼しきっているような、妙で変で、でも快適な、他にはあまりない感覚がするのだ。

たまに歌詞の中で「約束された場所」とか「二人しか知らない場所」で「いつも2人は逢っている」と唄っているアーティストに出会うと、もしかしてこんな感覚を言っているのかな?、みんなも同じようなことを感じることがあるんだろうか?、などと思う。 自分でもよく判らないのだけれど、それは一体何処にある何なんだ??

|

« 表裏一体 | トップページ | 鯖の味噌煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それは何処なんだろう:

« 表裏一体 | トップページ | 鯖の味噌煮 »