« 紅茶の出来は | トップページ | 雲を見上げに »

2006.09.15

サンマの塩焼きのお供に

なんということも無い、ちょっとした秋の箸休めに。

サツマイモの甘煮

材料  サツマイモ  中サイズ2本
     砂糖      大さじ4
     日本酒     大さじ1

1・サツマイモは1cm厚に輪切りにして、すぐ水にさらす。
2・鍋に水切りしたサツマイモを入れて、ひたひた弱の水と砂糖、日本酒を入れる。
3・始めの5分は弱火で、その後中火にし、沸騰したら落し蓋やキッチン・ペーパーの紙蓋をして、静かにゆらゆらと沸騰するくらいの弱火で20分煮る。
4・サツマイモにすっと竹串が通るのを確認してから、火を止めて、そのまま冷ます。

なんと単純で簡単!それでいてほっこりと優しい甘さ。 冷たくしても美味しい。 保存する場合は煮汁ごと密閉容器に入れて冷蔵庫へ。 数日間は保存可能。 砂糖は三温糖にしたり、一部を蜂蜜に置き換えても。 また、グラニュー糖を使えば上品でクリアな味になる。 煮始めの火加減を弱くすることで、素材の持っている甘味が引き出されるので、それだけがコツだ。

レモン煮という手もあるが、私はシンプルな方が好きでよくこれを作り置きしている。 サンマの塩焼きのように塩味が表面にあるようなおかずとの相性は抜群。 お弁当の隙間にもおひとつどうぞ。

こういうシンプルさだけがとりえのような料理は、電子レンジではなく必ず鍋で煮て欲しい。 そしてちょっとでも日本酒を入れること。 この二つで全然出来上がりが違ってくるので・・。 

|

« 紅茶の出来は | トップページ | 雲を見上げに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンマの塩焼きのお供に:

« 紅茶の出来は | トップページ | 雲を見上げに »