« 勝ち目なし | トップページ | 解剖学 »

2006.09.06

「畑から百三十年」

飲んでみた。
美味しいよくできたビール。
なんだかどこか懐かしい昔のビールの味がする。
『切れ』がすばらしい。
最近のビールにありがちな『後味の汚さ』が見事に無い。
もうちょっとだけ香りが前面に出ていたら百点なんだけどな・・。
まあ、香りが良いビールは他にもあるけれど、ここまでコクと切れが整ったバランスのビールは他にないから、それで良いんだろう。

3年前のサントリー社プレミアム・モルツとだったら良い勝負。
残念ながら今のプレミアム・モルツなら、私の評価はこっちの勝ち。
もっと高くても買う!

美味しいよ。 ビール好きの方にはおすすめ!

サッポロビールのウェブ・サイトはこちら

|

« 勝ち目なし | トップページ | 解剖学 »

コメント

「美味しいよ。」ってホントに美味しそうですね。
かなり飲みたくなってきましたよ。
なので、帰り道にコンビニで買って帰ることに決定しました。
ちなみに、プレミアムモルツって味が変わったんですか??オイラは最近クラシックラガーしか飲まないもので…。。

投稿: クッスィ~ | 2006.09.08 01:20

クッスィ~さん、いらっしゃいませ。
昔(?)、サントリー社の「プレミアム・モルツ」はそういう名前ではなく、「モルツ・スーパー・プレミアム」という名前で販売されていました。 で、一部の店頭で樽詰めの生ビールを販売し、缶詰め製品もごく限られた店頭でしか並んでいなかったんですね。 なので、この辺りでは当然手に入らず、サントリーの工場からのダイレクト通販のインターネット経由で注文していました。(現在でも、このシステムは残っています。 こちらhttps://ssl1.suntory.co.jp/apl/ossb/top)

で、飲んでいたんですが、途中から味や香りが変わって(いや、会社側がリニューアルを発表したわけではないので、正確にはわかりませんが、私は『変わった』と思いました。)、残念ながら私の好みのストライクど真ん中から外れて、ストライクぎりぎりくらいになったので、普通のモルツを飲んでいたんです。 そうこうしていたら、モンド・セレクションを受賞して、あらら・・と、思っていたら、名前も変わって、一般的にたくさん流通し始めたわけです。 いえ、今でもプレミアム・モルツは美味しいビールだとは思いますけれど。

こう言ってはなんですが、まだ「モルツ・スーパー・プレミアム」だった頃の、樽詰めの生ビールは、国産ビールの中では私が最も愛したビールでした・・。 またいつか出会いたいものです。

投稿: リーボー | 2006.09.08 11:48

よばれたかなぁ?と勝手に解釈して。
はいはい、こちらもビール好き。
偶然といえば偶然にも、ちょっと前に見つけて
1本だけ買って、冷蔵庫においてあったのです。
このビール。
6日にこれ読んで、無性に飲みたくなったけど
既に飲んでいたので、味わいは取っておいて、
翌日飲みました。
ビールの味がしました。
それで、今日も買ってきて飲んでしまいました。外でモルツの生を飲んできた後なので
すが。

話題を合わせたわけではないのですが、
なんか呼ばれたかんじで書いてしまいました。

投稿: syumei | 2006.09.08 23:28

syumeiさん、こんばんは。
呼びましたよ、ずっと呼んでましたよ、って、違うか。(爆)

syumeiさんも飲まれてましたか。
美味しいですよね。
サッポロの最近の製品は、ちょっと好みから外れていたのですが、これは久々のヒットで嬉しかったです。
このビールがプレミアム・クラスで無い、普通のビールの価格で作れるのなら、どんどんがんばっていただきたい!。 と、言うか、やればできるのなら、ケチらないでやってよ、っていうのが本音でしょうか。 それとも「記念ビール」で限定醸造らしいので、無理して作ってくれたのかな?

私もあと一缶冷蔵庫に持っているので、楽しみです。 今夜はまだ病み上がりだったので、軽くて間違いの無い『モルツ』にしておきました。

投稿: リーボー | 2006.09.08 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「畑から百三十年」:

« 勝ち目なし | トップページ | 解剖学 »