« 切なさの扱い方 | トップページ | 月見酒 »

2006.10.06

満月は雨雲の上

台風崩れの低気圧が秋雨前線に張り付いたお陰で、風が強い上にどしゃ降りだ。 窓ガラスを流れる雨水で、外の景色が穏やかに歪んでいる。

今夜は確か「中秋の名月」だったはずだが、これでは無理だろう。 満月なんて定期的にあるのだし、満月だからといって特別なことがあるわけでもないと知っているけれど、お酒をゆっくり飲みながら、のんびり上ってゆく月を見上げつつ丁寧に酔ってゆくと、なんだかこんな自分にも平安時代の貴族たちのDNAの断片が引き継がれているようで、悪い気はしない。 自分の中に日本人らしさを見出す、数少ない機会だ。 細木数子さんがいつかテレビで「女の人は悲しくなったりマイナー思考に陥りやすいから、あまり長時間月を見ないほうが良いのよ」と、言っていたけれど、なんだか自分には太陽よりも月の方がしっくり来るし、例えばタロットのリーディングを頼まれたような時は、月を見上げてから行なうと、精度が格段に上がることを身に沁みて感じているので、どちらかと言えば親しみやすい印象が強い。 この辺りではススキがたくさん穂を出しているから、わざわざ飾って月にお供えしたりすることもなく、借景で済ませてしまうのが常。 気が向けばお団子くらいは作ったりもする。 今日は雨でススキの穂もしっぽりと濡れて、重たそうに頭を下げている。 お互い、まん丸のお月さんに逢えそうも無くて残念だよね。

懐かしい友人から手紙が届いた。 「最近恋してる?」とだけ、絵葉書に書いてある。 さて、どんな返事を書いてやろうかな・・私の中のいたずらっ子の血が騒ぎだした。

|

« 切なさの扱い方 | トップページ | 月見酒 »

コメント

中秋の名月見れないのはホントに残念ですよね。oオイラは「明日が中秋の名月だった」と自己暗示して今日は諦める事にしました。

今日の新聞に「明晩の方がまん丸に近い」というオイラには都合の良い言い訳も書いてありましたしね。

ではでは。。

投稿: クッスィ~ | 2006.10.06 21:29

クッスィ~さん、おはようございます。
(・・・うっかり寝坊しました、ははは)
地域によっては夜半頃見られたところもあるようですね。 今日は良い天気なので、期待できるでしょうか。

投稿: リーボー | 2006.10.07 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満月は雨雲の上:

« 切なさの扱い方 | トップページ | 月見酒 »