« 切ない和み系 | トップページ | 同じなんじゃないか »

2006.10.27

自分だよ、自分。

数日前から、夕方になると庭の片隅にスズメがやって来て、だいたい同じところで何かをついばんでいる。 「今日も来ているな」などと、視野の片隅で見るとも無く感じながら、鳥達は空を飛べるから自由の象徴のように思われているけれど、実際の生活は案外お決まりのパターンに基づいているものなのかも知れないと、そんなことを思った。 あまりに自由過ぎるのも、かえって動物は居心地が悪いのかも。 人間だって例外ではなく。

手元に届いていながら聴けていなかったSCRIPTの新しいアルバム「10strokes」を繰り返し流している。 このところ彼等に対して感じていた「どこか窮屈な感じ」を払拭するような作品ばかりが収められていて、嬉しかった。 「ああ、こういうことがやりたかったんだな」と、ふっ切れた何かを感じるものがあってホッとした。 このアルバムが好きとか嫌いという以前に、別の切り口で好感を抱いた自分が不思議だ。

自由でいると不安になり、拠り所を求めるように自分で決まり事を身に付け始め、やがて自分が縛られていると思うと何もかも投げ出してまた自由に戻りたくなる。 私もそんなことを繰り返してゆくんだろう、きっと。 自由という状態を維持するためには、かなり気をつけて注意深く日常の選択をしてゆかねばならないことは、どうやら間違いないようだが、「自由でいなくては」という気持ちに縛られていたら元も子もない。 これだけ生きてきても、まだそのコントロールが時々難しくて、「こんなはずじゃなかったんだけどな」と苦笑する。 しょうがないな、まったく。

いつだってきっと、自分の首を絞めているのは、他の誰でもなく自分だ。

|

« 切ない和み系 | トップページ | 同じなんじゃないか »

コメント

>「自由でいなくては」という気持ちに縛られていたら元も子もない。
含蓄のある言葉ですね。
仏教で言う、無欲になろうという欲望に執着すること、のようなものでしょうか。
結局、決まり事とかを作るかどうかを含めて、自分で自分をコントロールできるという事が「自由」だという事なんでしょうね。

投稿: 哲人30号 | 2006.10.29 20:34

哲人30号さん、こんにちは。
何かを新たに始めようとする時に、自分の足かせになるものをなるべく少なくスタンバイしておくということが、年齢を重ねるとだんだん難しくなってゆくような気がしますね。 自分でも気付かないうちに、とんでもないものまで背負い込んでしまっていることは、良くあることなのだと思います。 「将来の足かせ候補」になりそうなものを、その時点で見分ける能力は、もうちょっと簡単に身に付くものなのかなと、若い頃は思っていましたが、どうもそんなに簡単にはいかないみたいですね。 ・・またそれも楽し、という感じでしょうか。

投稿: リーボー | 2006.10.30 15:27

TBを張っていただいた方、どなたか判りませんが、張り方が不完全?だったようです。 一旦削除させていただきましたので、またトライしてみてくださいませ。

投稿: リーボー | 2006.10.30 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分だよ、自分。:

« 切ない和み系 | トップページ | 同じなんじゃないか »