« 「プライムジャワカレー」 | トップページ | 髪の毛を染めるということについて »

2006.11.03

落ち葉掃き

10月は暖かかったので、紅葉も遅れていた印象が強いが、11月に入ったらなんだかあれよあれよと季節が進んでいるようだ。 この時期は落ち葉掃きをしても、ひと風吹けばまた落ち葉がはらはらと落ちてきて、言葉通りの追いかけっこ状態。 掃いても掃いても落ちてくる感じだ。

敷地の中にも綺麗な紅葉をしてくれる木がいくつかあって、桂や柿、蔦、紅葉、漆などなど、赤や黄色が枯葉に混じっているとハッとする美しさだ。 多くの落葉樹の落ち葉が薄茶色の中で、美しい色合いの紅葉は目を釘付けにする。

宿泊施設としての営業をしていた時には、美しい色合いに紅葉した葉っぱだけを集めてきて、ディスプレイと言うか、「季節感のある飾り」に使ったこともあったのだが、実は綺麗な落ち葉だけを集めてしまうと、明らかに嘘っぽくなることに気付いた。 多くの薄茶色の目立たない枯葉の中に、綺麗な色の落ち葉が混じっていると、それはそれは綺麗なのに、「綺麗な落ち葉」だけを集めてしまうと、明らかに人工的な印象が強調されて、自然な美しさが感じられないのである。

多くの目立たない落ち葉の中に在るからこそ、綺麗な色合いの紅葉が引き立つのだということを、私はひとつ学んだ。

人間にも似たような部分があって、例えば美人ばかり集まってしまったら、美形が引き立たないだろう。 普通レベルの人がたくさん居るからこそ、美人が引き立つのである。 性格でも特技でも個性でも、同様なことが言えるのではないだろうか。

落ち葉掃きをしながらいつも思うのは、「多様性について」なのである。

|

« 「プライムジャワカレー」 | トップページ | 髪の毛を染めるということについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ち葉掃き:

« 「プライムジャワカレー」 | トップページ | 髪の毛を染めるということについて »