« 初鍋 | トップページ | 郷に入れば »

2006.11.23

由比ケ浜にて

住宅地の路地にある小さな交差点で信号待ちをしていたら、鎌倉方面からの車道を、一台の人力車が近付いて来た。 それだけでも珍しいのに、なんと乗っていたのは白無垢・角隠し姿のお嫁さんと、紋付袴を着た新郎さん。

目の前を通り過ぎてゆく様子に、思わず「おめでとうございます!!」と声をかけてしまった。 一瞬驚いてからこちらに顔を向けた新婦さんはにっこりとして手を振り、「ありがとう!」と新郎の声が残って、人力車は通り過ぎていった。

偶然の出来事に私自身がびっくりしつつ、これも何かのご縁かとおふたりのことを心の中で祈りながら、幌の掛かった荷台の後姿を見送った。

幸せのおすそ分けをちゃっかりいただいてしまったような温かな気分で・・。

|

« 初鍋 | トップページ | 郷に入れば »

コメント

鶴岡会館(八幡宮の結婚式場)で挙式すると、人力車にのるプランがあったとおもいます。でも、由比ガ浜というのが少し遠いので?(ハテナ)ですが。近くにお住まいなのかもしれませんね。鎌倉には観光用の人力車があります。

投稿: kumi | 2006.11.27 16:37

kumiさん、コメントありがとうございます。
アーなるほど、そういうプランがあったんですね。 納得!
由比ヶ浜の地下駐車場方向に向かっていたら、大きな割烹旅館のような建物があって、外壁のポスターに「披露宴のご会食のご案内」みたいなものが張り出されてあったので、もしかしたら新郎新婦はそこに向かっていたのかなあ。
鎌倉の中心部は車が渋滞していたようなので、逆に人力車での移動は理に適っていたかも知れませんね。(かなり目立っていましたから、その辺りをクリアできるご夫婦でないと辛いかもしれませんが・・。)

投稿: リーボー | 2006.11.27 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 由比ケ浜にて:

« 初鍋 | トップページ | 郷に入れば »