« クリスマスの次は | トップページ | 「小田さん」と「焼き鳥」の夜 »

2006.12.28

夢で殴り合い

昨夜は夢の中で殴り合いの喧嘩をしていた。 相手は旧知の友人が3人。 殴りかかる直前で話が途切れて、殴り終えてからの場面で続きが始まる、という、なんともテレビ・ドラマ的な展開。 まるで「続きはCMの後で!」みたいだった。 朝目覚めたら、体は疲れていたのに、心は妙に晴れ晴れとして、自分としてはどこか納得がいかない。 何かのストレスを夢の大喧嘩で発散したのだろうか? ・・ストレスの原因はこれといって何も思いつかないのだけれど。

多分私は殴り合いの喧嘩というものをしたことが無い。 誰かをグーで殴ったことも無い。 だから、きっと夢の中でも、腕を振りかぶった所で場面が途切れてしまったのだと思う。 「ははあ、私は人を殴ることに対してイメージを持てていないんだな」、と気付いたら、なんだか可笑しくて笑ってしまった。 経験を持っていたら、きっと昨夜の夢はもっとリアルに場面が繋がっていたのではないかと思う。

喧嘩が日常的にあればそういう夢になるだろうし、戦渦に置かれていればそのようになるだろう。 芸術的なものに囲まれていたら、笑って暮らしていたら・・などと、いろいろ考えた。

環境や経験は内容が大事だと思った。


年末年始用の食品が冷蔵庫を占領する前に、と、簡単な掃除を兼ねて庫内の保存食の整理をしている。 冷凍庫の奥から仕込んでおいたパイ生地が出てきたので、午後のお茶に「リンゴとミンスミートのパイ」をささっと焼いてみた。 ちょっと酸味が強かったけれど、手抜きで作った割には上出来で嬉しい。 ミンスミートやドライフルーツ、ナッツ類など、保存しておいた材料でを使ったお菓子を食べると、冬らしい味だなあ、と思う。 美味しく食べることは、手っ取り早く穏やかな気持ちを手に入れるひとつの方法かもしれない。 

何かと気忙しい年末、なるべく穏やかな環境を作って過ごしたい。

|

« クリスマスの次は | トップページ | 「小田さん」と「焼き鳥」の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢で殴り合い:

« クリスマスの次は | トップページ | 「小田さん」と「焼き鳥」の夜 »