« 慣れってものがないよね | トップページ | 新聞の休刊日に »

2006.12.08

ここで逢ったが百年目?

このところめっきりお目にかかっていないもののひとつに、バタークリームのケーキがある、という話になった。 それこそ私が幼い子供だった頃には、ラウンドで売っているケーキは「お誕生日会」と「クリスマス」の年2回お目にかかるのがせいぜいで、それもバタークリームのことが多かった気がする。 デコレーションやケーキのデザインも今のように洒落たものではなくて、食紅で淡いピンク色に染めたバタークリームをバラの花の形に搾り出したものが何個か。 それにウエハースで出来た小さなお家、マジパンやゼリーの動物と、チョコレート・・そんなものだった記憶がある。 甘さもきつかったし、好物でパクパク食べるというものではなかった。

で、今となってはどこでバタークリームと出会えるか、と、『ますたあ』と考えてみると、例えば「横浜・かをり」のレーズンサンドの真ん中とか、たまに結婚式の引き出物でいただくユーハイムの白い焼き菓子のコーティングとか、つまりは「日持ちする系のお菓子の脇役」で、ラウンドケーキではほぼ壊滅状態に近いと思われた。 確かに口当たりが重くて、たくさん食べられる種類のものではないし、簡単に言えば飽き易い味であることも否めないし、それに何よりも熱量(カロリーのこと)を想像するだけで倒れてしまいそうな食品ではある。 そりゃあ、生クリームに主役の座を奪われたって何の不思議も無いだろう。

でも、いろいろと思い出して話しているうちに、どうしても食べたくなってしまったのだ、バタークリームのデコレーデョンケーキを! 味が云々ではなく、ほぼ懐かしさのために。

早速検索をかけてみると、千葉に一件バタークリームのケーキ専門店が見つかった。 が、キャッチコピーが「バタークリームってこんなに軽やかだったの?!と、皆さん驚かれます!」だ。 思わず「うーん・・」。 我々の気持ちは昔ながらの、何かに見切りをつけたかのように重くてコッテリとしたバタークリームでなくては納得できないような段階に、既に足を踏み入れてしまっている。 しかも結構なお値段だし送料を含めると、有名パティシエの生クリームケーキの方がよっぽどリーズナブルだ。 どこかご近所のケーキやさんに特注で作ってもらおうか、とも考えてみたが、わざわざ一個だけでなんだか申し訳ないし、これからクリスマスで忙しい時期だろうし・・と、気が重い。

こうなったらやっぱり自分で作るしかないか、と、諦めかけていた矢先のことだった。 買い物に入ったスーパーに大きなヤマザキのポスター。 松たか子嬢がニッコリ微笑んでいる横に、クリスマスケーキのラインナップが印刷されている。 早期予約すれば定価の15%OFFらしい。 持参したトートバッグに牛乳を詰めながら何気なく見ていたら、一番下の隅っこに見つけてしまった。 バタークリームのデコレーションケーキ!! これこれ、これよ。 おまけに割引料金ならインターネットの通販のお店のほぼ半額だ。 これも何かのお導き、とばかりに即決してその場で予約。

さてクリスマスまでにケーキの分をダイエットしておかないとな・・と、ぶつぶつ言いつつも、久しぶりにどんなバタークリームが食べられるか楽しみ! トランス脂肪酸の件もあるので、まともに食べられるのは最後のチャンスかもしれないと思う。 という訳で、今年の年末は文字通りベタベタになりそうな予感なのである。 

|

« 慣れってものがないよね | トップページ | 新聞の休刊日に »

コメント

リーボーさん、こんばんは。

ヤマザキにあるんですねぇ、バタークリームのケーキ!
そういえばホントに最近はみかけなくなりましたよね。
まさにここで逢ったが百年目、って感じですね。

我が家は有馬の結果次第で豪華か質素か決まります(笑
できればゴージャスに行きたいけど、どうかな~

投稿: みりん | 2006.12.08 17:37

みりんさん、こんにちは。
そりゃあ大変だ! ぜひとも有馬記念で一花咲かせてくださいな!!
中居さんがCMしているみたいに、ゴージャスになると良いですね。(3連単でも狙ってみる?!)

ヤマザキでもほぼ全部生クリームの品揃えのようです。 まさかあるとは思っていませんでしたね。 辛うじてひっそりと生き延びてくれていた、という様子で、「よくぞ、よくぞここまで・・」と、ある意味感銘深い驚きでした。 肩身が狭い様子でポスターの最下段の片隅に掲載されている様子に、またなんとも郷愁をそそられてしまったのです、はい。

投稿: リーボー | 2006.12.08 18:41

バタークリームのケーキは美味しいですよね。横浜・かをりの他にお勧めなのは同じく横浜の「えのきてい」のチェリーが入ったもの。これもバタークリームだったような気が・・・。なかなか美味しかったのですが玉に瑕なのは車が店の前に止められないので買いに行くのに困りました。りーぼーさんは食べたことあるでしょ?

投稿: 横浜に昔勤めてました | 2006.12.08 19:45

「横浜に昔勤めてました」さん、こんばんは。
うわー懐かしいです、「えのきてい」! 当時の私にはちょっとお値段が高めで、毎回寄るというわけにはゆきませんでしたけれど、横浜散策のルートには組まれていましたね。 あの整えられた芝生の感じや、曲線の金属製のベンチなど、いろいろなディテイルが一気に蘇ります。

「チェリー・サンド」(でしたっけ?)もバタークリームだったのでしょうか? お土産にすると喜ばれた記憶は鮮明に残っているのですが、「ミント・ティーと一緒に食べると美味しかった~」としか覚えていないんですよ・・情け無や。 もっと気合い入れて味わっておくんだったなぁ。

確かに車で行くと困りますね、あの立地は・・。

投稿: リーボー | 2006.12.08 21:03

ずいぶん前ですが、実家がコンビニをやっていたのでバタークリームのケーキと聞いてすぐヤマザキならって思いました(笑)
わたしも主人とバタークリームの話をこの前していたところです。
今の子はいいねぇって。
千葉のばたーくりーむ専門店のは気になります。
でもお値段も高いのですね…

投稿: らぶらび | 2006.12.09 21:33

らぶらびさん、こんばんは。
さすがおみごと、やっぱりヤマザキはやってくれましたね。 確か7~8年前位までは、新聞の折り込み広告に混じっていた不二家のクリスマスケーキのご案内でも、バタークリームのデコレーションのものがあったように記憶していたのですが、いつの間にか無くなってしまったようです。 ・・人気無いんだろうなぁ。

千葉のお店は「G」で「バタークリーム」を検索すれば上位に出てきますよ。 高いと言っても本体の価格は『バタークリームなのに生クリームのケーキと同じくらいの値段』という程度ですが、送料が上乗せされるとどうしても割高感が・・。 セコくて恐縮です。

投稿: リーボー | 2006.12.09 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここで逢ったが百年目?:

« 慣れってものがないよね | トップページ | 新聞の休刊日に »