« 知る人ぞ知る | トップページ | じわじわと »

2006.12.22

ご対面

ついに念願の「ホールのまんまのバタークリームケーキ」とご対面! (事の成り行きはこちらをご覧ください。) 早速午後のお茶の時間にケーキ・カット。 うーん、安っぽさといい、滑らか過ぎるほどの舌触りといい、バニラの香りといい、期待を全く裏切らない懐かしさ大爆発のケーキだ。 なんだか泣きたくなるような味がする。

さすがにバタークリームを搾り出したバラの花型のデコレーションは付いていなかったものの、チョコレートのお家やマジパンのサンタさん、刺さっているプラスチック製の小さなツリーなど、どれもこれも妙に懐かしいものばかりだ。 スポンジは3段にスライスされていて、間にはアプリコットジャムがたっぷり塗られている。 バタークリームの甘さは最低限に抑えられ、その代わりスポンジ生地には、近頃のケーキには珍しいほどのしっかりした甘さ。 そこにアプリコットジャムの甘酸っぱさが重なる。 決して『今時の味』では無い、明らかにカテゴリーの違うもうひとつの完成された味のケーキが、そこには存在していた。 思わず頭を下げたくなるほどのバランス・・ある意味において凄い。 絶対私には作れない味だと思う。

『ますたあ』と唸りながら、ぱくぱく。 食べたかったのは正にコレだった。 満足で幸せ!

さすがにバタークリームだけあって、なんと26日まで賞味期間が保障されているのも驚きだ。 この感じだと味わいの変化も心配しなくて良さそうだし。 しっかり飽きるまで味わって食べようと思っている。 

|

« 知る人ぞ知る | トップページ | じわじわと »

コメント

「バタークリーム」ネタは何回読んでもワクワクしてしまいます。小生も子供の頃、近くの不二家でホイップクリームのケーキと、バタークリームのケーキとよく比べてホイップの方を親にせがんでもバタークリームの方しか買ってもらえなかった事を思い出します(こちらの方が安かったから・・・)。でも、今はいい思い出です。思い出どころか食べたくなってきます。今年は遅い「クリスマスの約束」ですがそこで見ながら食べようと密かに計画中です。

投稿: 横浜に昔勤めてました | 2006.12.22 20:41

「横浜に昔勤めてました」さん、こんばんは。
念願が叶って、ついに食べましたよ。 そうそう、子供の頃はホイップクリームのケーキは高級品でしたよね。 まさかこんな風に懐かしがりながらバタークリームを食べることになるとは・・と、神妙な気分です。

想像していたよりも美味しいですよ。(バタークリームのケーキに失礼ですね、笑。) 「横浜に昔勤めてました」さんは、28日にテレビ見ながらどんなケーキを召し上がるのかな? いつか機会があったら、バタークリームのケーキにも、是非挑戦なさってみてくださいね。 味も然ることながら、胸の奥のほうで美味しいと感じていただけると思います。

『クリスマスの約束』、楽しみですね!

投稿: リーボー | 2006.12.22 23:16

こんばんは~!ついにご対面しましたか。

>間にはアプリコットジャムがたっぷり

うんうん、妙に想像が膨らむわ~(笑)

来年は我家も対面してみようかしら・・・

家族の意見にもよりますけどね。

投稿: みりん | 2006.12.22 23:26

みりんさん、こんばんは。
確かに「家族の意見」は大事かもしれません。 ホールで買ってしまうと、独りで食べあげるという訳にもいきませんので、ねえ。 大きさが選べるほどのラインナップも無く、強制的に6号サイズでしたし。 「バタークリームなのにこんなに大きいの買っちゃって、大丈夫なのか?!」と、ちょっと心配もしましたが、「いざとなれば『ますたあ』が平らげてくれるだろう・・」と、最後は人頼み。(苦笑)
とりあえず4日分くらいは充分ありそうです。

傷むことや飽きることも心配でしたが、我々の体重増加も心配ですね。 まっ、年に一回のお祭りということで。(自分で言い訳。)

投稿: リーボー | 2006.12.22 23:53

ああ、あれですね(笑)懐かしいです。
私達が小さい頃はこれが主流でしたが、今は軽いけど少々お高くて日持ちのしない生クリームがほとんどですね。
ジャムが挟んでありました!
ケーキを食べるなどという贅沢は年に一度だけでしたから、本当に楽しみで、何切れも何切れも食べていました。
これと、アルコール度数1%以下のシャンペン!
クリスマスは、夢の様な心躍るイベントでした。

今これを食べると、子供の頃がよみがえってきそうです。

投稿: のんの | 2006.12.25 16:08

のんのさん、そうです、あれですよ、あれ。
懐かしい味と香りでした。
もうね、懐かしさ大爆発という感じ。
のんのさんも機会があれば是非!

『シャンメリー』でしたっけ?!
銀色の包装でお店に並べられていましたっけ。
(実は私、これは飲んだ記憶が無いんです。)
今でもたまに見かけますね。
サイダーみたいな飲み物なのかな?

昔はイベントが多くなかったし、パーティーをするような習慣もほとんど無かったので、クリスマスとかお誕生日とかの記憶が鮮明に残っているのかもしれません。 あんまり言いたくない台詞ですが、今の子供たちは贅沢な暮らしぶりですね。

投稿: リーボー | 2006.12.25 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご対面:

« 知る人ぞ知る | トップページ | じわじわと »