« 雨続き | トップページ | めまいとの付き合い »

2006.12.15

鍋の副菜に迷う

今夜はおでん。 大根をたっぷり入れてホカホカ。

冬の季節には何度と無く鍋物を楽しむけれど、未だに毎回悩むのは、副菜をどうするか、だ。 鍋物はどうしても味の変化が小さくなるので、何かちょっと気の利いた副菜を用意したい気持ちは山々なのだが、あくまでもメインは鍋だから、邪魔にならない程度のもの。 それに、口の中が熱くなりがちなので、どちらかと言えば冷たいおかずのほうが合うかな。 その結果、ちょっとしたサラダとかお浸しとか、浅漬けとか・・あとは『作るのが面倒』という理由で普段から持ち合わせている常備菜など。 食後の果物を多めに用意して代用することもある。

他所のお宅では鍋料理がメインの時、どんな副菜が食卓に並ぶのだろうか。 すこし気になっている今日この頃だったりする。

|

« 雨続き | トップページ | めまいとの付き合い »

コメント

鍋、いいですよね。
先日、鶏と大根と白菜の水炊き風鍋を豆板醤のタレで食べた時は、
いい加減な自炊でありながら、手前味噌に美味しかったです。
熱い大根を、はふはふしながら頬張る幸せ。
聞いた話では、大根は欧米ではまず食べないそうですね。
何やら臭いが我慢できないとか。
大根が味わえる日本人で良かったと思います。
これも安倍さんの言う「愛国心」になりますかね。(笑)

投稿: 哲人30号 | 2006.12.17 13:12

哲人30号さん、こんにちは。
大根の臭いですか! 臭い、匂い?・・うーん・・
哲人30号さん判ります?大根の「におい」。
どれが大根のオリジナルの匂いなんだろう?、と、しばし考えてしまいました。 そんなこと考えたことも無かったので、発想が新鮮でした。 興味深い!

どんな匂いを価値あるものに捉えるかは、確かに凄く国民性が現われるかもしれません。 朝鮮半島ではマツタケを食べないと聞きますし、私はトリュフを珍重するほどには良い香りと思えないし、やっぱり人と会う前にはキムチは遠慮しますし、ね。

そうか、「愛国心」なんて定義できないことを悩んだりせずに、日本の食材で作った日本食を美味しくいただく、という風に考えれば、だいぶ納得できます。 なーんだ、そう言ってよ!安部総理!!(って、違いますかね、ふふふ。) せいぜい美味しい大根をたっぷり食べて、風邪予防しましょう。

投稿: リーボー | 2006.12.17 13:48

あっ、間違えました。
安部じゃなくて、安倍さんでしたっけ。
ごめんなさい。

投稿: リーボー | 2006.12.17 13:50

以前、板前さんと話していたら、意外と外国の方がたべられないものに「大根」があるそうです。大根のにおいがだめなのだそうで。確かに、大根は硫黄臭がありますよね。あれが不快なんでしょうね。キャベツも日本人ならいきなり煮ますが、絶対、下茹でしろとか、フランス料理とかうるさいみたいですし。私も今年は大根が安いので大根は大活躍です。鍋の副菜は牡蠣のマリネとか出します。煮た大根をステーキにして牡蠣のマリネを載せてもいいです。

投稿: kumi | 2006.12.17 19:39

kumiさん、こんばんは。
ごめんなさい。 先に謝っておきますが、大根に硫黄臭・・ありますぅ? ・・・うーん、私かなり鈍感なのかも。 考えたことも無かったです。 今度食べるときによく味わって、硫黄臭を探してみたいと思います。

ウチに来たヨーロッパ系の方々は(たまたまかもしれませんが)、みんな大根、大丈夫だったんですよ。(事前に召し上がれないものを聞いておくことにしていたのですが。 ほら、お国によっては宗教の問題とかもあるので。) 生野菜がダメという方はいらっしゃいましたね。 あと、生魚や半生魚。(冷製スモーク処理したものとか、ブランシールくらいだとダメという方も。) 「日本のヨーグルトは苦手」なんていうケースもありました。 日本のヨーグルトは何が違うのか、解らなかったですけれど。(笑) あっ、思い出しました。 あんこがダメと言われる方は多かったですね。

牡蠣は私が好きなので、自宅では鍋物の具に使ってしまうことが多いです。 確かにマリネのようなサッパリしたお酢系の味は、鍋物の副菜に合いますよね。 ああ、大根ステーキ、ね。 最近作っていないなぁ。 大根ステーキの上にレバー・パテを乗せたものが食べたくなりました! そのうち作ろうっと。 思い出させてくださって、ありがとうございました。 

投稿: リーボー | 2006.12.17 20:24

久々に良く晴れているので、今、縁側で切干大根を干しています。 余計な水分が飛んだら匂いが濃縮されるかと思って、嗅いでみました。

「大根の匂い」というものの存在は、なんとなく判った気もします。 「硫黄臭」については、まだまだ私の修行が足りないようです。 後でまた嗅いでみたいと思います。

投稿: リーボー | 2006.12.18 11:19

割り込んで失礼いたします。

私も聞いた事ありますよ。大根臭。
我が家には時々、アメリカから主人の親戚が来るのですが、その中には生粋の(?)米人もいるんです。
皆が集まる時に作る私のお得意料理は、大根とホタテとパイナップルのサラダで、他のパーティーなどに持って行くと皆が褒めてくださるのですが、その親戚が来たときはどうも売れ行きが悪いと言う事が、何回か出してみてわかりました。

大根臭については、私も何で~~~??
何が臭いのかわからないわ?と思っていたのですが、ある時、高校の時の合宿に持って行った鮭缶のことを思い出しました。
すぐ、お腹のすいてしまう年頃の私たちはその山荘に缶詰やお菓子などたくさん持ち込んでいたのですが、ある夜、鮭缶の大~好きな私は、自分たちの寝泊りする2段ベットの部屋で、唾を呑み込みながらウキウキと缶を開けました。
すると、そこにいた友達が皆口々に、「ちょっと~、誰かおならした?」とブーイング。
鮭缶だとわかったのですが、かなりヒンシュクを買いました。
(その後、みんなで食べましたけど。)

それで、大根を煮たりするときに気をつけて嗅いで見ると、やはりおならのような匂いが立ち込めることに気がつきました。
気がつくと、大根おろしや生の時にもセンサーがキャッチ。

また、海外に行った時には、やはり匂いにも敏感になるようで、朝のブランチのコーヒーとトーストの匂いがたまらなく嫌で、(日本では平気なのに)持参したアルミ泊に包んだ少量の味噌の匂いを嗅いで気を落ち着けてました。
時差ぼけ等にはお薦めです。

投稿: かおる | 2006.12.18 12:01

後、大根ステーキにレバーパテ、美味しそうです。よだれが出ます。
大根もレバーパテも好きなんですよ~。

こうしてみると、私はどうもおなら系の食べ物が好きなのかも・・・。

投稿: かおる | 2006.12.18 12:09

鮭缶に「それっぽい匂い」がするのは、なんとなく通じる部分もありました。 多分ですが、「大根臭さ」も一度「あっ!」っと気付いてしまえば、それ以降はすぐに判るようになるものなのだろうと思います。

うーん・・おならですか。

切干大根は無事に干からびてくれましたが、やっぱり現段階の私には、その匂いの判別はまだ難しいみたいです。

大根とホタテとパイナップルのサラダも気になりますね。 何味ですか? いつか機会があったら教えてください。

つわりのある妊婦さんが、食べ物の匂いに反応して気分が悪くなる、という話がよくあるように、匂いの感覚は個人差が大きいし、幼少時代の経験とか生活環境なども影響していそうだな、と、今回つくづく感じました。 感覚を他の人に伝えるのも、またとても難しいですし。

臭いものは美味しいんですよ、きっと。

ちなみに・・。
ついでだったので、大根に含まれる含硫アミノ酸の量なんぞも調べてみましたが、他の野菜に対して決して多くはなかったです。(葉っぱの方にはそこそこ含まれていましたが。) タンパク質も無視して良いレベルなので、なにか違うものの匂いが混じり合って、「硫黄や窒素のような匂い」になっているのではないかと思います。 不思議だぁ!

投稿: リーボー | 2006.12.18 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍋の副菜に迷う:

« 雨続き | トップページ | めまいとの付き合い »