« 鍋の副菜に迷う | トップページ | 一字違いで大違い »

2006.12.16

めまいとの付き合い

久々の『めまい』。 耳の違和感は併発していないから、多分一時的なものだろうと、希望的観測を持って様子をみている。

めまいの時は、眠ってしまうのが一番手っ取り早くて楽になれる。 眼を閉じてじっとしていれば、めまいの自覚はほとんど消えてしまうのだ。 今のような寒い季節には、大義名分をいただいたことにして毛布に包まって眼を閉じていると、いつの間にかウトウトと眠っている。 めまい自体は決して歓迎できることではないものの、師走の気忙しさから完全に逃避して、暖かくウトウトしていること自体はちょっと幸せでもある。

割り切って考えることでそれなりの幸せを見つけられるのも、長い付き合いならではの利点といった所か。 一喜一憂しない、開き直っている部分だけ見れば、明らかにオバサン化したお陰とも言えなくも無いが・・。 苦笑。

|

« 鍋の副菜に迷う | トップページ | 一字違いで大違い »

コメント

めまい~!!!
次男を産んでから、もはや持病と化しています。
検査してもどこにも原因がないので、疲労やストレスということになってます・・・。
忙しい時はやはりめまいはよくおきますね。

治療法はほんと、寝ることのみです。
「休めよ!」という体のサインかと思うと、「ありがとう」と言うべきなのでしょうね。

投稿: のんの | 2006.12.18 23:24

のんのさんも「めまい持ち」でおられましたか。
めまいがある間は、眼で見ている景色とずれているような感覚があるので、頭の中が混乱してきますよね。 見えていないほうがよっぽど楽です。
「休めよ!」のサインとしての役回りは大きい!、確かに。 でも、時々充分休んでいてもなったりして、「はて??」なんて怪訝に思います。 体の言いたいことの自動翻訳機が欲しいです。
人によって個人差が大きいとは思いますが、私の場合は耳鼻科での治療に併用して、東洋医学の鍼を打ってもらうようになってから、比較的コントロールしやすくなりましたよ。
なにかとパタパタの年末・・お互い気をつけましょうね。

投稿: リーボー | 2006.12.19 15:35

わたしもめまいもちです…
お医者さんにいくと
「ぐるぐる廻るの?景色が流れるの?」
って聞かれるんですけど、よくわからなくて(苦笑)
やっぱり寝てしまうのが1番ですね!!

投稿: らぶらび | 2006.12.26 23:59

あれ、らぶらびさんもですか。
めまい持ち率、高いなあ。
「ぐるぐる廻る」のは『回転性の眩暈』と言いますが、これは三半規管の障害のことが多いようです。 本当に床と天井が反転しますから、もし起こっていれば一発で解ると思います。 私は目をつぶって手探りで歩きますもん!

耳鼻科の主治医曰く、最近はめまいや耳がぼんやりするなど、内耳の異常を訴える患者さんがとても増えているらしいです。 原因を掴んでおくことは、今後のために無駄にはならないと思うので、らぶらびさんも気になる時は早めに受診なさってくださいね。

投稿: リーボー | 2006.12.27 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めまいとの付き合い:

« 鍋の副菜に迷う | トップページ | 一字違いで大違い »