« とほほ | トップページ | 少なくても美味しいものを »

2007.01.19

それはそれとして

鶏のムネ肉をフライパンでさっと焼き付けて、白ワインでジュッと短時間蒸し焼きにしてから皿に盛る。 ジュースがちょっぴり残ったフライパンで、たっぷりのキノコ類とたまねぎスライスを炒め、先日使い残していたホワイトソースを加えて、簡単に塩コショウ。 これを焼いておいた鶏肉にかけてからパセリをパラパラ、で、今夜のメイン皿。 付け合せはキタアカリのベイクドポテト。

鶏肉を切る時に剥ぎ取った皮は細く切って、少しの胡麻油でちりちりになるまで脂を出してから、切り揃えたゴボウと人参を手早く炒めて、みりんと醤油でキンピラゴボウ。 仕上げに炒りゴマをたっぷり。

使い残していた食材を如何に効率よくリメイクし、材料を無駄なく使い切るか・・そんなことを工夫する間に、勝手に食事の準備が整ってゆくような感じ。 流れがきれいに整っている時は料理の効率も良いし、どういう訳か味付けも一発で決まる。

このところ頭の片隅にいつも陣取っている憂鬱の種があるのだけれど、そんなものを差し置いても美味しいものが出来上がってゆくのは、嬉しいような、自分に矛盾しているような、へんてこりんな気分ではある。 気持ちの状況がどうであれ、お腹は空く。 どうせ食べるなら、美味しいものを食べたい。

やっぱり自分は食いしん坊なんだな、と、ちょっと呆れる。

|

« とほほ | トップページ | 少なくても美味しいものを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それはそれとして:

« とほほ | トップページ | 少なくても美味しいものを »