« がーっと親子丼 | トップページ | 覚悟がまだです »

2007.01.29

毎日はダメです

この時期、霜の中で育ったホウレンソウはしっかりと甘味が強い。 加熱すれば素早く柔らかくなるし、お値段も手ごろ。 なのでよく使っている。 残念ながら「サラダ用ホウレンソウ」として売られているもの以外は、生食に向かない。 含まれているシュウ酸が、体にあまり嬉しくない役割をするからだ。 これも通常は茹でて水で晒せば殆ど溶出されてしまうので、怖がることはない。 だが、何しろこの時期のホウレンソウの美味しさは格別なので、私はシーズンに数回だけと決めて、ホウレンソウのサラダを作る。 言うなれば禁断の味。 まあ人間の体はそんなに神経質に気を遣うほど、ヤワではないのではないか、と思っている節もあり、と言うか、気を遣う所といい加減な所を使い分けしている、という表現の方がしっくりくるかもしれない。 気になる方はどうぞ「サラダ用ホウレンソウ」で。

ホウレンソウのサラダ

材料   ホウレンソウ  半束くらい
      ベーコン     スライスなら3枚
      ニンニク     一片 ・・これはお好みで。 省略化。
      油        大さじ1弱 ・・サラダオイル、オリーブ油、胡麻油どれでも。
      ラー油      小さじ1
      醤油       小さじ1
      焼き海苔    半枚 

作り方
1・ホウレンソウは葉の部分だけを使用。 大き目の一口大にちぎって皿にこんもり盛り付けておく。
2・ベーコンは細かく千切りに。 ニンニクはみじん切り。
3・フライパンに油を熱しニンニクとベーコンを弱火でじっくり加熱。 ベーコンにチリチリ感が出るまで。
4・3のフライパンに醤油とラー油を加えてから火を止め、皿のホウレンソウの上にジュッと回し掛け。
5・焼き海苔を揉んで「揉み海苔」にして上から散らす。
6・食卓で全体をざっくり混ぜていただく。

お好みでトマトやスライスしたタマネギ、カイワレ菜を混ぜても美味しい。 上からパルメザンチーズを乗せれば一気にイタリアンに。 結構辛いので、お子様がおいでのご家庭では、ラー油は個人で取り分けてから振ってください。 ベーコンによって塩味が違うので、足りなければ食卓で醤油で調整を。

ちょっとだけしんなりしたホウレンソウが魅力的。 出番を限って、もったいぶって、楽しんでください。

|

« がーっと親子丼 | トップページ | 覚悟がまだです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日はダメです:

« がーっと親子丼 | トップページ | 覚悟がまだです »