« どんな顔して | トップページ | とほほ »

2007.01.15

宿題をやり直す

高校時代からの友人たちに逢ってきた。 当たり前にみんな「それなりの年齢」になって、忙しく仕事をこなす人、東京を離れている人、家庭を守る人、趣味の時間を充実させている人、来なかった仲間の情報を持っている人とそれぞれなのだが、その人の基本的な性質みたいなものは高校時代のまま残っていて、マメだった人はマメだし、アクティブだった人はアクティブだし、よく笑っていた人はよく笑うし・・見ようによっては何も変わっていないくらいに感じてしまうところが、なんとも不思議な世界だ。 中には高校を卒業してから初めて会う人もいて、それはそれは久しぶりにも拘らず、ちょっと乾杯が済めば誰からともなくグラスを手に席を移動し始めて、片っ端から話に花が咲く。

学生時代にはせっかく同じクラスに居たのにあんまり話をしなかった人もそこそこあって、逆に言えば毎日限られた仲間としか話していなかったような気もするのだけれど、今となってはそんな垣根も全く無くて、「いやあ、久しぶりだよね!」のフリーパスを手に、仕事や日常生活の込み入った話までいきなりディープに会話しているのが、冷静に考えてみれば妙である。 「なんで感受性の高かった高校時代に、こんな風にいろんな仲間と話さなかったんだろう?」と、それはそれは勿体無いような気分。 どうやらこの感覚を抱いていたのは私だけではなかったみたいで、そうだよね、不思議だよね、で、その話題でまた盛り上がる・・その繰り返し。

一人一人が社会で様々な経験をして、世の中にはいろーんな人がいることを実感として学び、同じ高校で過ごした仲間は、後から出会った人に比べれば、似たような環境や価値観を持っていた「似たもの同士」だったことを、どこかの段階で知ったのかもしれないし、当時はそれぞれ多感な時期だったから、妙に意識したり緊張したりして照れくさかったのかもしれない。 大変なこともいくつか乗り越えてきて、心が広くなれたのかもしれない。 とにかくこれだけの人数が集まっていて、それなりに個性も豊かだというのに、相手のことを受け入れ難いような気持ちが、ほぼ完璧に自分の中には無かったことが、驚きに近い気持ちだった。 どういうわけか解らないけれど、パワーを分けてもらったような豊かな気持ちになって帰ってきた。

よく笑って楽しく過ごせた時間。 高校時代に出来なかった「いろんな仲間と話す」という宿題を、こんな会で改めてやり直すのも素敵なことだった。 多少勇気が必要でも、こういった場には参加すべきだな、と、つくづく。

お知らせです。
またまた長時間のサーバー・メンテナンス!!(んもーっ!)
15日15時~16日15時の予定で、TB張り、コメントの書き込み等できなくなります。 観覧はいつも通り可能な予定だそうです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくご協力ください。

|

« どんな顔して | トップページ | とほほ »

コメント

高校時代の友人って不思議な存在。
子供から大人への変換機ですね。
今から思えば、顔から火が吹き出るほど恥ずかしいようなことをやったり言ったりしてたのもこの時期。
だから当然ケンカの様なことも多々ありましたが、不思議と今会うとほとんどわだかまりなく打ち解けられるのも高校時代の友達かもしれません。
全てを忘れて許せるほど、私達大人になったんですね(笑)。

投稿: のんの | 2007.01.17 23:11

のんのさん。
そう、本当に「大人になった」という表現がぴったりです。

どうしてあんなちっぽけなことで悩んでいたのかな、みたいに思うこともたくさんあって、いつの間にか大人になっていた自分を不思議に思います。 ・・いえいえ、今だからそんな風に思えるのであって、当時はそのちっぽけなひとつひとつに、とにかく必死だったわけですけれど。

悩んだ末に自ら命を絶ってしまう学生さんたちに、こんな風に懐かしく思い出せる時がいつか来るよ、って、伝えてあげたい気分で、記事をアップしていました。

投稿: リーボー | 2007.01.18 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿題をやり直す:

« どんな顔して | トップページ | とほほ »