« アリシン恐るべし | トップページ | 初午(はつうま) »

2007.02.03

ガッテンカレー実食

作って食べてみましたよ、「ためしてガッテン」のカレー。

結論から言うと、美味しかったです。
例えば、友人から「カレーパーティーするからおいでよ」なんて連絡貰って、こんなカレーが出されたら、「むむ、こいつやるな・・」という感じですか。 もしくは、サラダとコーヒー付きで1000円ぐらいには設定できます。(立地考慮を除く。) ・・って、何の例えにもなっていませんね、ははは。

一言でまとめると、カレーのジャンルが変わるんです。 市販のカレールウを使った「ご家庭のカレー(おかんのカレー)」ではなく、「欧風カレー」になります。 それを市販のルウベースで作れるようにしたところがポイントなんでしょうね。 うちの『ますたあ』は「あっ、こういうカレー屋さんってあるよね」と、最初に言いました。 外食の味、ね。

番組で強調していた滑らかさは、ピューレにして濾しているから当然だとは思います。 仕上げに近い状態で砂糖を加えるので、少量にも拘らずそれが前面に出てきており、昨日は少々気にはなりましたけれど、翌朝(つまり今朝)もう一度温めてみたら改善されていました。 つまり、前日に作っておいた方がおすすめですね。 バターも仕上げに入れるので、熱々にして食べないと、冷えたスプーンでバターが固まって膜っぽくなりますから、ご注意を。

味は良いのですが、どうしても香りの要素が少ないタイプのカレーなので、個人的にはちょっと仕上げにガラムマサラを振りたくなりました。 日本人向きの万人受けするカレーだとは思います。 あとは好き嫌いの問題で、このカレーを不味いと言う人はいないんじゃないかな。

カツとか揚げ物には合いません。 さっとソテーしたキノコとかホタテ貝柱、ゆで卵なんかが使えそうです。 レシピにはジャガイモが入っていましたが、ジャガイモとの相性も個人的には「んー、いまいち」でした。

カレールウの箱に書いてあるレシピ通りにさささっと作るのと、ミキサー使ったり濾したりしながら手間をかけることを加味して、両者の出来上がりを比べたら、正直言って「特別な日の夕食」で無ければ、私は前者を選びます。 ただ、手持ちの食材でもこれだけ違う種類のカレーを作ることが出来るという方法は、手元において損はないと思うので、レシピは破棄せずに自分のレシピファイルに納めました。 カレーで誰かをもてなす時にはおすすめ出来ます。

詳しいレシピは
NHKオンライン→情報/ワイドショー→「ためしてガッテン」→過去の放送→1月31日等でご覧になってください。 レシピのページへの直接リンクには承認が必要で、面倒くさいのでご勘弁を。

ちなみに、私の第一印象は「どこかでこのカレーの味、食べた記憶がある」で、食べながらずっと考えていたのですが、「あっ!」と思い出したのが、『カールのカレー味』。 これって、いったい・・?!
・・食べた人にだけ通じるか・通じないかってとこでしょうか。 微妙だ。
まだ作っていない方は、忘れてください。


ちなみに、その2。
この件で検索エンジンからおいでくださっている方々が居られるようなのですが、その検索ワードがなかなか可笑しくて。
「NHK カレー」 ふむふむ
「がってん カレー」 ははは
「がってんカレー」 ついに固有名詞
「ためして カレー」 書き込むの長くて面倒だもんね
「ためしてカレー」 おいおい!
誰かが作った感想を調べてから、作ろうか決める気持ちはよく理解できます。


(物事の感想は口語体だと書きやすいな・・と、つくづく。)

|

« アリシン恐るべし | トップページ | 初午(はつうま) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガッテンカレー実食:

« アリシン恐るべし | トップページ | 初午(はつうま) »