« 分散 | トップページ | 案外普通にあること »

2007.03.08

「くいだおれ」

東京の片隅で生まれ育った私は、大阪へはまだ2回しか行ったことがない。 それも一回は学会がらみで、ホテルと会場を行き来していただけなので、実質的には一度きりだ。 火事になる前の夜の法善寺横町を歩いて、『ますたあ』と夫婦善哉を食べた。

東京人が大阪と言われて思いつくものの代表が、あの動く蟹の巨大オブジェと妙にゆっくりした調子で太鼓を叩き続けている「くいだおれ人形」の画像だ。 そのどちらかが画面に映った時点で、頭の中は「あっ、舞台は大阪なのね」と決定付けられる感じ。 昨日の深夜、とあるテレビ番組で、M-1覇者になったことで人気の出たチュートリアルが、東京のゲストに大阪を案内する映像が流れていた。 しっかりと蟹も手足を動かしていたし、「くいだおれ人形」の画像もカット・インされていた。

右から左へ首を動かす「くいだおれ人形」をぼんやり見ていた私は、「あれっ?」っと一瞬考えた。

「くいだおれ人形」が店先にあって客寄せに使われているのは知っている。 お店の名前が「くいだおれ」なのも知っている。 だが、「くいだおれ」が何を扱っているお店なのか、知らないことに気付いてしまった。 お店の前も通ってちゃんとこの目で人形も見てきたというのに、何のお店だったのか全く思い出せない。

「『くいだおれ』って、何屋さんだったっけ??」
「・・あれ?・・さて??」
「全然思い出せないね」
早速検索。

どうも外食のお店らしいが、ビルひとつ下から上まで全部「くいだおれ」で、ファミリーレストランや宴会用の広間、個室の割烹など色々な形態で営業しているようである。 東京で言えば秋葉原にある「肉の万世の本店ビル」みたいな感じか。

くいだおれファミリーレストランで扱っているという、「くいだおれ太郎パフェ」というメニューが目に留まる。 「あ、あの人『太郎さん』だったんだ・・へえ。」 今度大阪に行く機会があったら、食べてこよう。

知っているようでやっぱり知らないものだな、と、少し反省した。

「大阪名物くいだおれ」のHPはこちら。(音が出ます)

|

« 分散 | トップページ | 案外普通にあること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「くいだおれ」:

» おおさか大作戦(そのに) [熊 猫 日 記]
いきなり大阪の『へんな飲み物』だぞ。 はぢめて見たのだ。飲み口は乳酸炭酸飲料で、後味がミルクセーキなのだ。美味しいんだか美味しくないんだかわからないぞ。 ミナミの道具街で『ひみつなもの』を買ったのだ。たぶん次の『まつり』で登場するぞ....... [続きを読む]

受信: 2007.03.10 15:39

« 分散 | トップページ | 案外普通にあること »