« 美味しくいただくという技術 | トップページ | 意外な穴場? »

2007.03.16

生鱈で

暖かくなってしまうと会えなくなるので、今の内に食べておかなくては・・という気持ちになる。 塩を引いていない生の鱈を名残惜しみつつ、春野菜を楽しむ感じで、三寒四温をお皿で表現するような一品に。

 鱈の蒸し煮   2人分

材料  生鱈       2切れ・・骨を除いて塩コショウ。各2片にそぎ切り。
     固形ブイヨン  1個
     白ワイン     大さじ2・・日本酒で代用可
     バター      大さじ1

     キャベツ     3枚
     小カブ      1個
     タマネギ     小半個
     ジャガイモ    1個
     人参       5cm分
     カリフラワー   小房3個

1・野菜類を切る。 キャベツは芯を残したまま、大き目のざく切り。
            カブは葉を3cm幅、根は6から8つのくし型切り。
            タマネギ・人参は7mm.厚くらいにスライス。
            ジャガイモは5mm.厚に。
            カリフラワーは軸ごと一口大に。
2・大さじ3のお湯(分量外)でブイヨンをゆるめ、白ワインと合わせる。
3・フライパンに野菜類を敷き詰め、鱈を乗せる。 鱈の上にバターを少しずつちぎって乗せる。
4・2のブイヨンと白ワインを回しかけ、蓋をして中火で10分ほど蒸し焼きにする。
5・蓋を開けて加熱の具合を確認し、必要に応じて弱火でさらに加熱。
6・野菜がしんなりして、鱈に火が通ればできあがり。
7・お皿に野菜を敷き、上に鱈を盛り、フライパンに残った汁を鱈の上からかけてソースとする。


春の野菜なら何でも使えます。 菜の花、インゲン、ソラマメ、筍、キノコ類や海老を追加しても。 お好みでハーブを入れても合います。 オレガノやローズマリー、セージなど。 今の時期なので鱈で作っていますが、鶏肉を使っても美味しく出来ます。(から揚げにするくらいのピースに切ったもので。) カリフラワーやブロッコリーは太い軸の皮を厚めに剥いて、5mm厚に切ってから一緒に加熱すると、甘味が出て美味しい! 捨てずに使ってくださいね。

こういう料理は、加熱している間に別の作業が出来るので重宝だったりして。 へへへ。  

|

« 美味しくいただくという技術 | トップページ | 意外な穴場? »

コメント

春らしい、でもしっかりと体が温まりそうなメニュー!
息子の大好きな鶏肉でもできるというのが嬉しいです。大人用の鱈と、子供用の鶏肉、同時に調理しちゃいそうです(いけるかも?)。
こういう時は、ル・クルーゼの鍋があったら大活躍するんでしょうね。
今年こそ買いたいな~なんて思いながら、10年選手の普通のお鍋を愛用しています。

投稿: のんの | 2007.03.19 13:33

のんのさん、いらっしゃいませ。
鱈と鶏、同時でもきっと美味しいと思いますよ。
旨味が濃くなって美味しくなりそう!

ル・クルーゼはちゃんと手入れできる方、のんのさんのように、そこそこ料理に手馴れている方にはお奨めできますが、土鍋やフライパンでも十分なように思います。 要は鍋の特性を十分に活かしてゆけばよい訳で、わざわざ買わなくても・・という気がします。(うちにも古いタイプのル・クルーゼがありますが、実際はあんまり使われていない・・苦笑。)

先だって、殆ど料理をしない方がイメージだけで買ってしまって、エライ目にあっていると泣き付かれましたが、やはりそういう方は薄手の鍋肌のもので火の使い方を覚えてからでないと大変ですね。 厚手の鍋は光熱費がかさむし、時間かかるし・・でも、じっくり素材の旨味が引き出されて美味しいんですよね。 やっぱり使い分けが大事かなあ・・。 

投稿: リーボー | 2007.03.19 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生鱈で:

« 美味しくいただくという技術 | トップページ | 意外な穴場? »