« ごめん、そういうことだったのね。 | トップページ | ・・どうやって、ですか? »

2007.04.26

シンプルさが売り

何故か、年配の、巷でお年寄りと呼ばれるくらいの年齢の方々にやたらと好評な焼き菓子。

 サツマイモのケーキ  18×8cm.のパウンド型一台分

材料    サツマイモ    中1本
       バター(有塩)  100g
       薄力粉      120g(ふるっておく)
       上白糖      80から100g(芋の甘さによって調節)
       卵         Mサイズ3個(卵黄と卵白に分けておく)

作り方 0・焼き型に薄くバターか油を塗っておく。
     1・サツマイモは焼き芋にする。 皮を剥いてからフォークで荒く潰す。
     2・卵白を清潔なボウルで泡立てて、3回に分けて砂糖を加えながら8分立てく
       らいのメレンゲに。
     3・バターを電子レンジで『溶かしバター』にする。
     4・2のメレンゲに芋、卵黄、バターを加え、小麦粉を入れてさっくり混ぜる。
     5・型に移し、軽く落として空気を抜いてから、余熱しないオーブンで170℃、
       40分焼く。

始めから焼き芋を買ってきても良いし、蒸かし芋でも構わないし、皮を剥いてから適当な輪切りにして、水で晒してから電子レンジで加熱して使っても良い。(同じ芋でも、焼き芋→蒸かし芋→電子レンジ加熱の芋の順に甘いので、砂糖の量を調節。) フォークで潰す時には、荒く塊りが混じっていた方が美味しく出来る。 無塩バターで作る時には塩を2つまみくらい混ぜてから『溶かしバター』に。

わざと香辛料や洋酒などの香り付けをしないで作るのが、どうも年配の方に受け入れられやすい理由のような気もする。 追加して入れるならシナモンとナツメグ、ラム酒かブランデーというところかな。 しっかりと固めの出来上がりになるので、薄めにスライスするか、ダイス型にカットしても。

新茶のお供にどうぞ。 

|

« ごめん、そういうことだったのね。 | トップページ | ・・どうやって、ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンプルさが売り:

« ごめん、そういうことだったのね。 | トップページ | ・・どうやって、ですか? »