« やっぱり重なった | トップページ | 筍で魚料理 »

2007.04.15

黄粉(きなこ)

ココログで、入所している刑務所で出た食事のメニューを、ほぼ毎日UPしているBlogがある。 別に写真がある訳でもなく、食べた感想が書かれているわけでもなく、ただ単にメニューの羅列があるだけなのだけれど、時々興味本位で見ている。

常識的に考えれば、あまり「美味しい!!」という出来ではないのだろうと想像されるが、メニューは予想していたよりも変化に富んでおり、字面だけ追いかけていればそこそこ美味しそうに見えなくも無い。

基本的に朝は麦飯が主食の和定食風なようだ。(パン食はお昼に提供されることがあるみたい。) 気になっているのは、週に一度ほどの割合で朝ごはんのおかずメニューに「黄粉」とあること。

「黄粉って、あの黄粉のことだよね・・」、と、私。
「安部川餅に使う黄粉でしょ。」、と、『ますたあ』。
「ご飯に黄粉?」
「だってほら、『おはぎ』につけるじゃない。」
「ってことは、砂糖と合わせて甘くしてあるのかな?」
「それはどうか解らないけど。」
「朝から甘いご飯は、ちょっと・・っていう人も居そうだよね。」
「塩が混ぜてあるかもしれないよ。」
「黄粉に塩? やったこと無いけど。 うーん・・。」
「いや、例えばだけどさ。」
「甘い黄粉にはちょっと塩も入れるよね。」
「そのバランスを逆転させているとか。」
「美味しくなさそ気。」
「・・だね。」
「栄養はありそうだけど、黄粉。」
「要するに大豆蛋白でしょ。」
「役割としては納豆と同じか。」

普通の家なら、例えば牛乳に黄粉を混ぜて朝ごはんに飲んでいる方もあるだろうし、蜂蜜や練りゴマと混ぜてペーストにしてパンに塗ったりすることもあるだろうが、さすがに刑務所の食事でそんな手の込んだことをやっている筈も無く。 それとも私が知らないだけで、ご飯に黄粉を振りかけて食べるということも、世間ではそこそこあるのだろうか。

一応コメントは受け付けるように設定されているようだが、閲覧があるのか、とか考えると、ちょっと書き込む気になれずにいる。

朝ごはんの黄粉、気になる。

|

« やっぱり重なった | トップページ | 筍で魚料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄粉(きなこ):

« やっぱり重なった | トップページ | 筍で魚料理 »