« 出鼻を挫かれる | トップページ | 矢面に立つお仕事 »

2007.05.04

初夏

すっかり初夏の陽射し。 九州からはるばる届いたという初物の枝豆を茹でて、初鰹のたたきなんぞを食卓に並べると、一気に夏の雰囲気になる。 ビールを冷やしておいて良かった。 蝉が鳴いたり、ケラが鳴いたり。 多分、この連休を利用して、国道沿いに水田を持つご近所の兼業農家の皆さんは、田植えに忙しいことになっているはずで、遠くの方から微かにケロケロと甲高いカエルの声も響いている。

新茶を丁寧に淹れて、午後のお茶。 湯飲み茶碗の中にも、窓の外の緑を切り取ってきたような、穏やかな緑色。 なんだか季節をそのまんま飲んでいるような気分だった。

目からも耳からも鼻からも、皮膚からも口からも、初夏が体に入ってゆく。 それらが全部血となり肉になって、体が夏向きの仕様に変わってゆくのが判る。 心だけは風に煽られて、もうとっくに空を飛んでいるのかもしれない。 まるで、鯉のぼりみたいに。

|

« 出鼻を挫かれる | トップページ | 矢面に立つお仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏:

« 出鼻を挫かれる | トップページ | 矢面に立つお仕事 »