« 『お菓子の城』の話 | トップページ | メロン選びは真剣 »

2007.05.29

いちゃつく人々

日本の観光地が不景気になってからずいぶんと経つが、海外、特に近場のアジアで韓国や中国から観光客を誘致する作戦がだいぶ功を呈してきたと見えて、レジャースポットでそんな人々を目にする機会が増えている。 何といっても好景気に沸く中国で、そのお金を集めることの出来る「ニュー・リッチ層」の行動範囲の拡大はすばらしく、その裾野が一握りの人々から一般に向かってだいぶ広がりつつあるのを、日本の観光地でも手に取るように感じることが出来る。 本当にお金のある人は当然個人旅行だろうが、今や、そこそこの若い人でも、日本行きのパックツアーに参加することができるようになったと見えて、今年は特に若い中国人カップルが新婚旅行で・・というパターンが目立っている気がする。

身に付けているものも、髪型やお化粧の感じも、外見からでは日本人と見分けがつかない。 なんだかんだ言っても、日本の文化が流入しているのは間違いないだろう。 ただ、見かけ上、「あっ、中国から来た人だな!」と、ぱっと判ってしまうのは、大衆の面前でいちゃいちゃしている姿が目立つからである。

まず、カップルの場合、手の繋ぎ方の力の入り具合が違う。 気合が入っているとでも書こうか、要するに真剣に手を繋いでいる。 しかも、ちょっと人気(ひとけ)が無いと見るや、抱き合ったりキスしたり、大胆そのもの。 10年ほど前までは日本でもそんな若者を多く見かけた気がするが、現在では人間関係が全体的にあっさりしているせいか、いつの間にか鳴りを潜めてしまった。 だから余計に目立ってしまうのだ。

先日も某テーマパーク内で、中国からの団体さんが来ていたらしく、あちらこちらでいちゃいちゃしていた。 はじめは「今時、あんなカップルは珍しいよねえ。」なんて、『ますたあ』と苦笑していたのだが、歩いているところを追い越したり、すれ違ったりしているうちに、そこからはことごとく中国語が聞こえてくることがはっきりし、「ははーん、やっぱりそういうことか」と、理解するに及んだわけである。

まあねえ、例えば新婚旅行で海外に行ったら、ふたりにすれば幸せの絶頂だろうし、開放感もあって、いちゃいちゃしたくなる気持ちも解らなくも無い。 日本人だって、昔ハワイでさんざん似たようなことをしていたのだろうから、あんまり他人の事は言えない。 まだ珍しいであろう海外旅行を経験した中国の人々が、自国に戻って、いろいろな文化や体験を持ち込んでグローバル化し、それでオリンピックが上手くゆくことに繋がれば、それで善しとすべきなのだろうな。 たくさんのお金を日本に落としてくれる「お客様」なんだし。 大目に見てあげなくては、かな?

隣国が凄い勢いで変化している様子を、日本で暮らしていても手に取るように感じることが出来るのは、非常に興味深い。 なーんて、のん気に言っている内に、あっという間に追い越されてしまうんだろうけれど。 苦笑。

|

« 『お菓子の城』の話 | トップページ | メロン選びは真剣 »

コメント

中国の人は見ればどの国にいてもわかりますね。なんていうか、やっぱり中華思想が行動に現れています。人の目とか気にしないというか、自分が幸せならいいというか、、アメリカのメーン州で観光船に乗ったとき、中国人の家族連れといっしょになって、(日本人なんて皆無なので一緒にされそうになって)辟易としました。推察するところ、アメリカ在住のインテリ家族みたいなのに、行動にインテリの香りは全くしませんでした。
後日、カナダ国境のピクニックエリアでそのご家族にであったら、アメリカの大学教授ご一家だったとわかるのですが(お話して)、そのときはすごくインテリなんですよね。どうしてテンションあがるとあーなってしまうのかなぁ。不思議。それが国民性なんでしょうね。

投稿: kumi | 2007.05.29 20:42

kumiさん。
本当に不思議です。 半分興味深くて、半分苦笑い、という気分。 血筋なのか、それとも教育や環境によるものなのか。 
・・あの「周囲を気にせず、自分(たち)のやりたいようにやる感じ」のパワーがあるからこそ、華僑の皆さんの今日の繁栄に繋がっているのかもしれませんが。

インテリ層の方だけでなく、一般民衆が「グローバルな行動模範をとれるようになる視点」を持つためには、人や情報の交流が自由に開かれてから、2~3世代分くらいの時間が必要なのかもしれないと、何の根拠も無いですが漠然と思いました。 私の2世代上だと明治とか大正時代なんですよ。 その頃の日本人が、海外旅行でどんな風に振舞っていたか、とか考えますと、現地の人から見たら赤面するような事だらけだったんじゃないかと思いますね。 一般の人の中でちょっと贅沢ができるようになった人が、「一生に一度の思い出だから・・」という感覚で、海外旅行に来ちゃったくらいの時期が、旅行先で最も浮いてしまう状況なのかも。 そんなことを、抱きつくカップルを横目で見ながら、考えておりました。

でも、もし、それが国民性によるものだったら、このまんまずーっとあんな感じで変わらないのかな?? ・・うっ、ちょっと怖い気もします。

投稿: リーボー | 2007.05.30 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちゃつく人々:

« 『お菓子の城』の話 | トップページ | メロン選びは真剣 »