« 田んぼ | トップページ | 毛虫の身体感覚 »

2007.05.17

梅干で。

晴れると汗ばむくらいの陽気になるこの時期は、なぜか梅干を食べたくなる。(私だけかも?。) 筍の姫皮や独活、茹でたモヤシなど梅和えにしたり、鰆を梅醤油で焼いたりして楽しんでいるが、たまには肉も相棒に・・ということで。


 鶏の梅風味の蒸し物    4人分くらい

材料      鶏肉   3枚・360g程度 お好みで胸肉でもモモ肉でも。 混ぜても。
               モモ骨付きぶつ切りなら、なお可。
         長ネギ  白い部分半本
         梅干   大粒のもの3個

       (調味料として)  日本酒   大さじ2
                   醤油    大さじ1
                   砂糖    小さじ1
                   片栗粉   大さじ半分

作り方 1・鶏肉は大きめにぶつ切り。ネギはみじん切りに。
     2・梅干は種を抜いて荒く叩き刻んで、調味料と一緒に混ぜ合わせる。
     3・蒸し器の大きさに合った耐熱容器に鶏肉を並べ、
       2をもみこんでそのまま30分放置。
       味を馴染ませている間に、蒸し器を火にかけて準備する。
     4・湯気の上がった蒸し器に3を器のまま入れて、強火で30分蒸す。
     5・荒熱を取り、器のまま食卓へ。

色合いがさみしいので、蒸している間にネギの青い部分をみじん切りにして水で晒しておき、出来上がりに水を絞って散らすときれい。 万能ネギや茹でたソラマメなどを散らしても。 そのへんはお好みで工夫してください。 梅干が減塩タイプのものだったら、醤油を大さじ1追加しても良いかと。 食べてみて味が足りなければ、回しかける感じで調整しても。 やっぱりと言うのも変だが、鶏肉は「蒸す」と美味しいと思う。

あっさりと初夏の味。 暑かったかと思えば朝方冷え込んだり、で、落ち着かない時期。 どうぞ体調を崩さぬように。

                   

|

« 田んぼ | トップページ | 毛虫の身体感覚 »

コメント

う~ん、よだれが出てきそう☆
初夏にふさわしいお料理ですね。

最近小4の長男はカラアゲが好きで、こればかり作っていて少々私は食傷気味(@@)ぜひ試してみたいです。
梅干の殺菌効果で、お弁当に入れても良さそうですね。

投稿: のんの | 2007.05.19 23:26

のんのさん、こんばんは。
蒸している間に鶏から水分が出て、器に溜まるくらいになりますので、お弁当に使うなら、蒸し上がってから鍋に移してソースを煮詰めたほうが無難かもしれません。

鶏のから揚げは、やっぱり定番ですかね。 「食傷気味」とは、よっぽどの頻度なのでしょうか?! ご長男は大好きなんですね、きっと。

投稿: リーボー | 2007.05.20 00:51

リーボーさんこんにちは♪
この鶏肉料理作らせていただきましたよ~。

長男のおかげで一週間に一回はカラアゲが続いて、私はもう見たくないわ状態でしたから助かりました。

ふっくらと柔らかく、肉独特の臭みもすっかり消えておいしかったです☆
ほんとびっくりする位汁が出ますね。
これ、何か他の料理にも使えないかな?これで野菜煮たらどうかな、なんて考えてました。ラタトィユにつかうと、コクが出そう。

投稿: のんの | 2007.05.24 12:31

のんのさん、作ってみてくださったそうで、ご報告を嬉しく読ませていただきました。

加熱した際に出る汁、私はスープに使うことが多いです。 深みのある容器に入れて、一度冷蔵庫に入れると表面に脂が集まりますので、そこだけすくうようにしてから使いました。 水で薄めて塩とショウガ、ちょっとだけ醤油も入れたかも。 ワカメとか合います。

汁を冷やすと、いっちょまえにぷるんぷるんになるんですよ。 きっとコラーゲンたっぷりなんだと思います。 まだ野菜は煮たことがないですが、工夫すれば使えそうですね。 良い方法があったら、是非教えてくださいね。 ラタトィユか・・なるほど。 今度作ってみます。 汁には梅の味は薄いようなので、カレー等にも使えるのかもしれません。

投稿: リーボー | 2007.05.24 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅干で。:

« 田んぼ | トップページ | 毛虫の身体感覚 »