« 一連の介護保険騒動に | トップページ | ドウモイさん、マシューさん、荒神様 »

2007.06.24

コムスン問題の説明会

前の記事で書いた、父がお世話になっている老人施設の経営会社が開催した「一連のコムスン問題」についての説明会に参加してきた。 先方からはグッドウィルグループから一名、その子会社である施設の経営会社から社長と取締役の計三名、それに会場の世話役として営業職の方が数名。 説明を聞きに来た側は20名強ぐらいだっただろうか。 その中には我が家のように夫婦で参加している方々もあったので、組み数としては15組程度か? 実際に老人施設で生活している入居者も10名弱参加されていた。 入居者の子供の世代ならば40~50歳前後、代理人や後見人なら60歳くらい、夫婦の片割れだと70歳前後、入居者なら80~90歳と、それぞれの立場で年齢層も異なる。 今回は東京や神奈川の5箇所で開催を予定している説明会の初回だということと、他の開催地に比べて定員人数がかなり少なく、こじんまりした説明会になることもあって、かなり遠方からもわざわざこの地を選んで参加したご家族も居られたようだ。

一言で要約してしまえば、「ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。 現在売却先を検討しておりますので、決まり次第ご説明します。 それまではグッドウィルグループが責任を持って介護事業を継続しますので、ご心配には及びません。 また、売却先を選ぶに当たっては、現在の理念を受け継いでくれる所、グッドウィルの介護事業数社とそこで働く労働者を一括して引き受けてくれる所を、条件にしています。」、とのことで、別に報道以外の目新しい情報は無かった。 もちろんそれは当方の予想通り。

2時間の予定中に、質疑応答の時間が全体の3分の2以上用意されており、興味深かったのは参加者の意識のあり方や物の考え方など、本題とは少し離れた部分だった。 いや、本題から離れてしまっているのは、質問者が問題の経緯を理解できていなかったり、疑問点を要約できていなかったりするからなのだが、結果として、経済構造に対する価値観の年代別格差、情報格差が如実に露見されてしまい、「ああ現代の縮図だ・・」、と、思いながら参加していたのであった。

まず、グループ企業というものがどんなものであるのか、理解していない方が多いように見うけられた。 「会社が大きい」=「悪いイメージ」という構図。 しかも、「異種業種をたくさん抱えている事」=「何をやっている会社か解らなくて不安」なようだ。 そこに追い討ちをかけて、80・90のご老体に、カタカナの会社名はそれだけでも混乱を招いている様子で、グッドウィルグループもコムスンも判別が付かなくなっているばかりか、各々の会社の株主として名を連ねている「プレミア・メディカルケア」「グッドウィル・プレミア」等の名称に至っては、読むことさえままならない様子である。 そもそも株式会社と上場企業の違いも、根本的に混同している風だったし。 何故に「自分が入居しているホームの会社が、他社に売却されなくてはならないのか」をちゃんと理解しているのは、ある程度若い年齢の参加者に限られていたように見受けられた。

質問の内容が的外れであったり、ご老人特有の要領の得ない長話であったり、挙句の果ては日常の介護のクレームを言い始めたり・・私などはそれだけでもイライラしてしまって帰ってきてから疲れがどっと出てしまったが、迷惑を掛けたという非を背負っている立場では、その質問者を無碍に扱うこともできないであろうし、壇上の社長が神妙に対応している姿が哀れであった。

グループ企業の一員になることの、会社としてのメリット・デメリットを客観的に理解していなければ、会社側からの説明は理解できなかったと思うし、それに関しては説明会をもっと細かく分けて、参加者によって内容や説明方法を変えてゆく必要があったと思う。 まあ、このクソ忙しい騒ぎの最中に、何度も何度も説明会を持つこと自体、不可能なことなのだと同情はするが、何か他の方法も併用しなくては、肝心の説明会で伝えたいことが正しく伝わらない可能性が高い。

もう一点、我々夫婦の間で帰りの道すがら話題になっていたのは、「第三次産業の『評価』」についてだ。 これについては簡単にまとめる自信がないので、ここでは触れずにおかせてもらいたい。

今日も午前と午後の二回、二箇所で数百名規模の参加者への説明会が開催されているはずである。 来週の週末にも予定があるようだ。 それだけの人数が集まれば、イチャモンを付ける人なども混じってくるのかも知れない。 精神的に疲れて夕食を作る時間を遅らせてぼんやりしながら、社長の役職手当がウン百万レベルだとすると、こんなストレスに身を晒さなくてはならないのは、自分だったらとても割に合う仕事とも思えず、なんだか妙な同情を感じてしまったのだった。

|

« 一連の介護保険騒動に | トップページ | ドウモイさん、マシューさん、荒神様 »

コメント

おつかれさまでした。

このような説明会ってとても疲れますよね。
イライラしたり呆れたり…。
本当にお疲れ様でした。

次回、お伺いする機会までに
これ以上のニュースがなかったら
是非、率直な感想をお聞かせ下さい。
なんだか他人事じゃないような気がするので…。

では。

投稿: クッスィ~ | 2007.06.25 10:51

クッスィ~さん、どうも。

そうですね、あまりその手の会議に慣れていないせいか、夜から知恵熱を出しました。 湿度の高い気候との合わせ技で、なんだかいまだに不調です。

色々とたくさんのことを考えさせられています。(それはそれで、面白いっちゃあ面白いんですが。) Blogには書ける事と書けない事があるので(それでも結構書いちゃってますか^_^;)、次の機会にでもお話できると良いですね。

結論だけ書くと、ダブルスタンダードが存在することの弊害なのかなあ・・。

投稿: リーボー | 2007.06.25 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コムスン問題の説明会:

« 一連の介護保険騒動に | トップページ | ドウモイさん、マシューさん、荒神様 »