« 論点 | トップページ | いつの間にか »

2007.07.20

お膳立てするのではなく

先日、地域からの回覧板を通じて、カンパ要請が伝えられてきた。 中学校の生徒の保護者たちからである。 ここは山間部の過疎地なので、公共機関のバス運行本数が少ない上に、利用者も多くないので運賃がとても高い。 それにも増して、最寄の駅まで10km.以上の距離があって、移動も、当然通学も大変だ。(大人であれば自分で自動車を運転してしまえば済むところだが、子供となると、塾へ行くにも習い事にも友達と遊ぶにも、親の車で送り迎えしてもらわなくてはならず、本人たちの不便も相当だし、親御さんの負担も大変!) で、部活動などをしていると、(特に体育会系の部では)対外試合に出場することになり、その移動にもそこそこのお金が必要となる。 なので毎年、保護者が地域内の家を一件一件回って、賛同してくれる所から集金してゆく。 回覧板によれば、貸し切りバスをチャーターするのに、前年度までは市が補助金を出してくれていたようだが、それが打ち切られることとなり、今年はより一層のカンパをお願いしたいということらしい。 もちろんカンパは任意である旨が書かれていた。

子供たちにはいろいろな種類の経験の場を、できるだけたくさん用意してあげるのが、大人としての務めだと思っているから、基本的には趣旨に賛同している。 置かれている現状の苦しさも理解できるし、この市の地域財政が逼迫していることも、十分知っているつもりだ。

その上で、ひとつ感じるのは、本人たち、現役の中学校生徒たちの声が、聞こえてこない事への不気味さである。 市が補助金を削減したということは、つまり『それは義務教育の範囲外ですよ』という判断を下したということになる。 それでも部活動を続けたい・対外試合を行ないたいという、それなりの意気込みや熱意が、本当に当人たちに存在しているのか? お金をカンパする上で、それを確かめておきたい気持ちがある。

もっと言ってしまうと、その逼迫した経済事情を、中学生はどこまで知らされ、把握し、その下で『自分たちはどうすべきか』について、自分たちの力でちゃんと考えることができているのだろうか? そこが問題だと思う。

もちろん、中学生が自力で導き出せる回答には、限界があるとは思うけれど、そこを手助け・バックアップするのが、保護者や教諭の役割なのではないかと考える。 初めから環境をお膳立てして整えてしまうのではなくて、子供たちのニーズが何処にあり、どのような手段を以てそれを叶えてゆくのかを、双方が対等に取り組んでゆく過程こそが、大きな学びに繋がるのではないだろうか。

私は正直なところ、保護者からではなく、中学生本人たちからの要請が欲しかったし、直接訴えながら自分たちの足でカンパを集めたって良いのではないか。 それを、保護者たちが手助けすれば良い。 カンパするということは、受け取る側の中学生たちに、人間としての成長を期待し投資することだ。 お金を出してもらう、出資していただくというのは、そんな簡単なことではない、と、彼らが学ぶことのできる絶好の機会だと思うが・・。 どうだろうか。

|

« 論点 | トップページ | いつの間にか »

コメント

確かに、部活動のための援助(通学じゃなくて)であれば、任意のことですから、カンパ要請をするにあたり、学生たちが回ったり、回るのが無理なほど家が離れているなら、声が判る紙面みたいのを用意したりすることを子どもたちに考えさせるべきでしたね。
真剣にとりくめないなら、部活動の試合などさせなくてもいい。それくらいの強い姿勢が親に必要なのです。

今まで、補助が出ていたのが打ち切りになり、それを続行してもらうのが当たり前だと子どもが考えていたとしたら問題だからです。
補助が出なくなるよ、どうしようか、そういう相談を子どもと親や学校でするのは決して悪いことじゃないと思います。

中学生ならなおさらですね。

お膳立てしてしまった(ようするに結果甘やかしたのだと思うのですが)がために、せっかくの機会を棒に振るのはもったいないですね。きっと、PTAなどは予定の額の確保に頭がいっぱいで教育効果まで考えなかったのでしょうね。
こういうときに、キラッと頭が回る校長先生がいればいいんですが。。

まあ、無理なのかな。

投稿: kumi | 2007.07.24 14:16

お返事が遅くなって、ごめんなさい。

そうですね、中学生ともなれば、結構自分たちの力で、いろいろなことができるようになっているはずだと思います。 私は、残念ながら、結論としての『お願いの文章』を読むことしかできない立場なので、親御さん方の間でどのような経過が有ったのかは、知ることができませんが・・。 学校サイドがこの件に関してどのように関与しているのかも、わかりません。 ただ、こういうのを見つけると、子供の芽を摘んでしまうのは、いつも大人のお節介なんだなあ、と、思うことが多いかなあ。

投稿: リーボー | 2007.08.01 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お膳立てするのではなく:

« 論点 | トップページ | いつの間にか »